FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』『ラプラスの魔女』『眠狂四郎 勝負』『リズと青い鳥』『ランペイジ 巨獣大乱闘』

書きかけのレビューが訳わかんない古さになったので緊急放出。

◆『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』新宿ピカデリー1

▲紫芋手部九郎

五つ星評価で【★★★★おもろい。】
流石にエンドロールは長いが映画自体に長さを感じさせないのが凄い。
まあでも、こんなんで一回話を閉じるのは凄いよなあ。

アベンジャーズは3で全滅するらしいのだけど、ドクターストレンジがいまわのきわに下記の最後の魔術をかけることでD社は有料コンテンツを失わないのであった。
「サノス、お前こそがアベンジャーズの後継者!」
「がびーん」

最凶最悪の敵<ラスボス>サノスの目的…それは全宇宙の生命の半分を滅亡させること
半分だけ優しいってバッファリンみたいな奴。


◆『ラプラスの魔女』新宿ピカデリー3

▲もちろん劇中にこんな場面はない。広瀬すずの服のスケスケがステキ。

五つ星評価で【★★つまらん】
予告でも分かってたが福士、玉木、トヨエツの後塵につく櫻井くんの格好悪さはあかん。ラプラスの能力が何の役に立つかさっぱり分からん。

「俺は日本の梨の方が好きだな」
「ラ・フランスの魔女じゃないから」
「はー!」

広瀬すずの不実な恋人を責めるような口調の「見た目よりバカね」がとても好き。


◆『眠狂四郎 勝負』角川シネマ新宿1

▲名前の前に「居」を付けちゃいけない人。

五つ星評価で【★★★おもろいだつたかな?】
加藤嘉が他の誰にも演じられないくらい加藤嘉だった。


◆『リズと青い鳥』新宿ピカデリー7

▲知名度観点から「ユーフォニアム」では売れないのかしらね?

五つ星評価で【★★★★偉い】
これ凄いなと思うのは天才の映画ではなく秀才の映画である事。
特別に驚くような話運びもなく、ただ丁寧に伝わるように物語を紡いだ。
これは作り手の地力いるから大変。


◆『ランペイジ 巨獣大乱闘』ユナイテッドシネマ豊洲8

▲「この後、死ぬほどセックスした。」

五つ星評価で【★★★そこそこ】
よく、この企画が通ったなと言うくらいロック様力に寄りかかった映画。悪い奴の悪い理由が性格悪そうだくらいしか分からない。


【銭】
『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』:ピカデリー誕生日クーポンを使用して1000円で鑑賞
『ラプラスの魔女』:ピカデリー有料入場ポイント6回分を使って無料入場。
『眠狂四郎 勝負』:額面1000円の前売券をチケット屋で980円でGETして鑑賞。
『リズと青い鳥』:ピカデリーメンバー割引+ネット割引で1200円。
『ランペイジ 巨獣大乱闘』:ユナイテッドシネマ金曜メンバー割引で1000円。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー@ぴあ映画生活
ラプラスの魔女@ぴあ映画生活
眠狂四郎 勝負@ぴあ映画生活
リズと青い鳥@ぴあ映画生活
ランペイジ 巨獣大乱闘@ぴあ映画生活
▼他のブログにTB付ける余裕がないわ。
スポンサーサイト



マンガ『今まで一度も女扱いされたことがない女騎士を女扱いする漫画 第4巻』マツモトケンゴ、シリウスKCを読書する男ふじき

女騎士後輩登場巻。
魔法使いフーリーの身体目当てだけという不純なキャラだが、自己中度が強すぎるのでそんなに惹かれない。幼稚園で裸になって男の子にくついてアピールする女の子みたいな存在。

ツンデレっぽいのにすぐ目の前の事から逃避してしまう次期魔王イルムガルド様のエピソードはどれも面白い。このマンガ内の登場人物はみな、幼稚園児のように子供メンタルなのだが、中でもイルムガルド様がもっとも子供メンタルだからだろう。そういう意味では人間としての独立性の低い狂剣様も可愛い。ただ、誰よりも可愛いのは女体化したフーリーである、と言うのはオチとして凄いオチだ。フーリーが女体化してしまった時のレオの番長みたいな武骨な感じかおもろい。男女逆転ペアがしっくり来すぎている。