FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『冴えない彼女の育て方fine』ユナイテッドシネマ豊洲9

◆『冴えない彼女の育て方fine』ユナイテッドシネマ豊洲9

▲それにしても「ゲームを作る」という行為が物語の題材になるなんて思わなかったなあ。

五つ星評価で【★★★なかなか見せる】
一見さんで鑑賞。
元はラノベでTVアニメ化もされてる長い話のラスト・エピソード興行なので一見さんは敷居が高いかと思った。
確かに、始まった途端にほぼ全キャラまとめて出したり、一見さんには親切の「し」の字もない演出で始まるが、重要な登場人物が話の中心に入って来る直前に、そいつは主人公とどういう関係で、全体の話の中でそいつが占める位置なんかを凄くスムーズに紹介するセリフが入る。これをすこぶるちゃんとやっているので、物語に付いて付いていけないという感覚は全くなかった。逆に、アクセスしてくる脇キャラは分からないでもないのだが、最初から中央に位置する主人公のライターとその彼女の位置づけの方が分からなかったが、そこはまあ、ボケていても不自然感や迷子感がなかった。

ヒロインのやる気のないような抑揚のないしゃべり方に萌え萌え。
ただ、ラストの後日談で数多くいる似たような髪型の黒髪が集まると誰が誰だか混乱した。

主人公の突き抜けに対して、それなりに皆が畏怖しているのと、そんな彼をごくごく普通の人物として愛を注ぐ主人公と彼女を見て、ちょっと、内田裕也と樹木希林を思いだしたりもした(違うか)。


【銭】
ユナイテッドシネマ会員券更新時に貰った「映画を1000円で見れる券」を使用して1000円。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
冴えない彼女の育てかた Fine@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です(一部TBなし)。
冴えない彼女の育てかた Fine@或る日の出来事
スポンサーサイト