FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『午前0時、キスしに来てよ』丸の内ピカデリー2

◆『午前0時、キスしに来てよ』丸の内ピカデリー2

▲「ゴードン」って名前はチンコでかそうな名前。

五つ星評価で【★★今時珍しいアイドル全開のアイドル映画、それが良かろうと悪かろうと】
流石キャスティングのフジテレビ。
片寄涼太と橋本環奈と眞栄田郷敦はいるだけで合格。
片寄涼太、スーパースター役なのに他の映画と比べるとキラキラ感が薄れてる気がする。まー周りが騒いでギャップ埋めてくれるからいいでしょ。「女子高生のケツはムチムチしててたまんねーなー」とかのセリフが好きなんだけど、幾つもの側面がありすぎて一人のキャラクターとして出来上がってない気がする。
橋本環奈可愛いけど、どこか変でバラエティー要員みたいなのが逆に良い。昔と比べると成長して明らかに「美しい」とは逆のベクトルに移行しつつある。声がガラガラ。足とか太いし、スラっとしてないし、本人にセリフで言わせた通り「腹出てる」し。でも、そういうガラクタ集めて出来た奇跡のバランス感覚がとっても可愛いのが凄い。ちなみに物語全般貫かれる「キョドリ演技(挙動不審演技)」も見ていて辛いのだけど、橋本環奈なら許してしまう。
橋本環奈の幼馴染で陰から見守ってる役柄の眞栄田郷敦はイケメンだ。片寄涼太よりこちらの方が王道のイケメンで役が逆の方が良かったんじゃないかと思うが、その辺は大人の事情だろう。寄り添ってて待ってるだけで果てしなくつまらない役。

恋愛ドラマとして上がる部分は橋本環奈の「おっおっおっおっ」というキョドリ演技で分かりやすく表現される。
恋愛ドラマとして下がる泣ける部分は、呆然とするしかない橋本環奈一色で、何かあまり伝わって来ない。「とても良い子」という役柄だからあんなんなんだうが。

橋本環奈主観で作られてるので、彼女目線では話を追えるのだが、片寄涼太サイドは何かよく分からない。
彼が橋本環奈を通して恋に何を求めているのかが全く見えないから。
彼の昔の恋人も橋本環奈とタイプが違いすぎて、彼の恋愛観を更に分かりづらくしてる。

って事で、時間分だけ、アイドルの「キャッキャウフフ」を見れれば筋とかがどうでも異存はない。そんな人にはオススメできる。

そう言えば、橋本環奈が勉強が趣味のつまらない奴で、ガリ勉の成果で成績はそこそこ良いというアウトラインは橋本環奈が演じる事で一切チャラになっていた。いや、現実はどうあれ、橋本環奈頭が良くは見えないだろう。


【銭】
松竹の前回有料入場割引で1300円。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
午前0時、キスしに来てよ@ぴあ映画生活
スポンサーサイト