FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『ヲタクに恋は難しい』ユナイテッドシネマス豊洲10、『ゴブリンスレイヤー』トーホーシネマズ上野1

同日鑑賞2本をまとめてレビュー。

◆『ヲタクに恋は難しい』ユナイテッドシネマス豊洲10

▲「採用!」この辺の言葉の少ない感じよし。

五つ星評価で【★★ただ撮るだけでミュージカルになると思うな】
怪しいと思いながら見に行ったら、やはり怪しい感じだった。
高畑充希のデフォルメ演技は予告通りですんげ面白い。神、神、神で尊い。加えて歌上手い。ベージュやピンクや巨乳じゃないみたいな、さりげないエロ情報の混入もゲスいけど嬉しい。
山崎賢人はまあ記号として良いのだけど、『斉木楠雄』の髪がピンクじゃないだけだろ、とも言える。
斎藤工のリアルにプレッシャーかけてくる芝居か上手い。タップは目が引きつけられる。
菜々緒、人としてなんて美しいフォルム。
賀来賢人、交渉度が高いのに心が伝わらない感じが妙に現実と地続き。
佐藤二朗とムロツヨシは今回、最大限に機能が効果を上げていない。
オタク情報に関しては軽蔑もせず、リスペクトもせず、ただ表面を舐めている。深い踏み込みがないので薄いコメディーとして見る分には問題ないが、恋愛ドラマとして見る分にはピースが不足している気がする。
問題なのはミュージカル。歌や踊りはちゃんとしてるのに訴えてこない。みんなの息は合ってるのにそれ以上伝わらない。紅白のスクールメイツかよ。これは演者側はOKだが、演出側がしっかりその動きが映えるように撮っていないのが問題だ。オープニングの群舞なんてもっとコントラストを明確にして、踊りの切れをはっきりさせるよう撮らんと。全体、音楽劇としての効果がないのに(上手く伝えられないのに)ミュージカルにしてしまった為、他の事を語れる尺が大幅に食われてしまった。例えば一般人との恋愛がイヤ、オタバレがイヤと言っているなら、オタの一般人に対する劣等感などを今田美桜などを使ってちゃんとエピで語るべきだろう。音楽や踊りの部分で良いのは斎藤工のタップと、賀来賢人のオタ芸。タップは強制的に明確な音が映像に頼らないキレを作っていたし、オタ芸も映像の演出が不要なくらい第三者(観劇者)に見せる物として外部から見れる物として完成されていたからだろう。


◆『ゴブリンスレイヤー』トーホーシネマズ上野1

▲ポスター。ゴブリンスレイヤーさんが当社比30%イケメンっぽい仕上がり。

五つ星評価で【★★★よくないすか皆さん】
ラノベ、TVアニメ化、劇場用アニメへのラインで来たが、そういうの知らずにいつも通り、一見さん鑑賞。普通にちゃんと面白い。主役のゴブリンスリイヤーの声のかっこ良さに男ながら濡れる。斬って斬って斬り抜ける、大した野郎なのだけど、ヒエラルキーは低いと言うのも萌えポイント。

【銭】
『ヲタクに恋は難しい』:フェア券使用で1200円。
『ゴブリンスレイヤー』:特別価格設定1400円。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
ヲタクに恋は難しい@ぴあ映画生活
ゴブリンスレイヤー -GOBLIN'S CROWN-@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です(一部TBなし)。
ヲタクに恋は難しい@徒然なるままに
▼関連記事。
・ゴブリンスレイヤー -GOBLIN'S CROWN-(1回目)@死屍累々映画日記・第二章
ゴブリンスレイヤー -GOBLIN'S CROWN-(2回目)@死屍累々映画日記・第二章
スポンサーサイト