FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『仮面病棟』ユナイテットシネマ豊洲4

◆『仮面病棟』ユナイテットシネマ豊洲4

▲どこでもドアっぽいドア。

五つ星評価で【★★★ちゃんと面白いです】
「坂口健太郎の顔ってちょっとツタンカーメンっぽくない」
「だから、カーメン病棟か」
違う違う。まあ、もう、怒られても何でもいいんだけど。

ただ、仮面の出来が良すぎてちょっと引いた。
あれは別にもっと普通の仮面でよかった。
鈴木亮平を出して「変態仮面」にすればよかったのにって、
あれは普通の仮面じゃないから。

短い事件の後日談が付いて終わるんだけど、その後日談直前のカットでバサっと切って終わったら雑だけど凄くカッコ良いのになと思った。まあ、やれないか。やれないよね。でもまあ、普通に面白かった。

坂口健太郎って全体の空気感がいいのだけど、泣くとちょっと面白顔に寄ってしまう。あ、星野源に似てしまうんだ。それはごめん、そんな事に気が付いてしまって。

永野芽以はこういう複雑なキャラをちゃんとこなす。映画によってかなり当たり外れがあるけど、今回は当たりの方ではないか。


▲高嶋政伸の顔芸が最高です。


【銭】
ユナイテッドシネマ、金曜メンバーズデーで1100円。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
仮面病棟@ぴあ映画生活

マンガ『ゴブリンスレイヤー 第1~3巻』作画 黒瀬浩介、原作 過牛くも、ビッグガンガンコミックスを読書する男ふじき

映画でも見た『ゴブリンスレイヤー』のマンガ版。
うおおもしれー。
古本屋で立ち読みして涙ぐんでしまった。

ゴブリンの悪辣さが悪辣すぎて逆にまぶしい。
これは人間の悪辣の全てを詰め込んだ悪役キャラ的概念。
一匹一匹にさしたる個性はないが、底に共通した絶望的な独善がある。
それに対するゴブリンスレイヤーも徹底てしていて実に良い。
善人ではない。狂わずにはこの世界を収められない。そういう存在だ。

その狂った主人公が、彼の成すべき事を誰にも認められなくとも成し遂げていく、その様が泣ける。そして、その彼が狂ったまま、少しずつ周りの人と境界線を溶かし合っていく様がたまらない。

『恐竜超伝説』『ねこねこ日本史』ユナイテッドシネマ豊洲4,6,『GのレコンギスタⅡ ベルリ撃進』『風の電話』『37 Seconds』新宿ピカデリー1,4,10

5本くらいまとめてレビュー。

◆『恐竜超伝説』ユナイテッドシネマ豊洲4

▲「悪りいごはいねえが!」

五つ星評価で【★★うお、恐竜やん、みたいな感じに最初バリバリ騙される】
まあ恐竜は見てるだけでそこそこワクワクできる。
逆に言えばそれが全てで、それが生命線で、それ以外大した事がなかったのが単純にあかんのだ。ストーリー仕立てになってるけど、そのストーリーが屑いし。
羽毛恐竜は違和感がある。それはやはり陸上にいる現生の爬虫類が羽毛を持ってないからだろう。それだけ現生の爬虫類より恐竜が鳥類に近いという事かもしれないが、羽毛を持っている鳥は「始祖鳥」より後と言うビジュアル的な自分なりの常識が、どうしても自分の中でダメを出してしまうのである。じゃあ、「始祖鳥」の「始祖鳥」としてのアイデンティティはどこにあるのよ、と言う。
にしても、かなり控えめな表現に抑えてあるが(色々な気持ちが忖度されている感じ)ティラノサウルスですら、羽毛持ちだとは。それ以上にティラノサウルスが群れで狩りをするという事実に違和感があった。でかい故に一匹で孤高というイメージだもの。そら、細胞分裂とかじゃないから一匹では繁殖できないだろうけど。
あと、寒冷地を生き抜く知能の高いトロオドンなどを取りあげながら、隕石による恐竜の滅亡を地球上の生物の3/4が死亡などという数だけの説明で全て終わらせている。映像でのトロオドンはそんな数に負けてしまうほど生命力が弱そうではなかった。逆にその時の滅亡を生き残った者が誰なのかをハッキリさせてほしい。


◆『ねこねこ日本史』ユナイテッドシネマ豊洲6

▲龍馬の髪、薄気だよな。

五つ星評価で【★安い】
これはガン寝してしまった。
寝る子は育つ、恐ろしい。猫はまだ俺を育てようとしているらしい。


◆『GのレコンギスタⅡ ベルリ撃進』新宿ピカデリー1

▲圧倒的「林家ぺー」ビジュアル・ガンダム。

五つ星評価で【★★驚異のレコンギスタ・ガンダム第二弾】
このレコンギスタ世界にいる人達のメンタリティがあまりよく伝わって来ない。ラテン系でそれなりに明るいのは分かるけど、祖国を捨てて戦争中の相手国で軍用機(G)に乗って出撃したりするのは、ごくごく普通の事なのだろうか? とてもそういうの普通に思えないのだが、主人公はそれに関して葛藤の一つも持ちえなかった。
2作目は更に自分的には迷走。敵国に主人公の母親であるそこそこ偉い人がグライダーでやってきてしまう。そんなの麻生大臣が韓国に単身飛行機で乗り込むみたいなもんだろう。でも、みんな妙に和やか。そして、主人公はそんな敵(正確には敵国の敵対分子)と、何か延々と戦って、よく分からないうちに終わるのだ。ラストの方ヘロヘロで主人公がもう、何のために戦ってるか、さっぱり分からなかった。


◆『風の電話』新宿ピカデリー4

▲目がパッチリしてないのがこの子の長所だな。

五つ星評価で【★★気持ちは分かるが、その気持ちを分からせるだけの為の旅が長い】
役者は凄く熱演してるが、コアは身近な人の喪失は悲しいという一般的すぎる物語なので、それに対して感情移入が起こりづらかった。他人事が自分事にならなかった。
モトーラさんの感情表現はとても正しい。でも、その正しさ故に常軌を逸した感情の波が逆に伝わって来ない。
三浦友和の生々しく俗物な感じは好き。
西島秀俊も、とてもいそうないい人で、三浦友和同様、何か本当にいそうな人。
三浦友和は不様でも生きる人、西島秀俊も不様に生きる人なのに、その不様がかっこよく伝わってしまう人。


◆『37 Seconds』新宿ピカデリー10

▲右が主人公、車椅子に乗ってる。

五つ星評価で【★★★独特である】
意表を突く展開。主人公のフラストレーションが観客全員に直に伝播するのはとても良い。
『風の電話』で、主人公を庇護して、ある意味、主人公の「殻」になっていた渡辺真紀子が、こちらの映画では主人公の殻をバリバリ剥していく役。この渡辺真紀子の役と雑誌編集長の板谷由夏は設け役。逆に損な役は母親とマンガ家先生。
主人公が家を飛び出してからがちょっと長い。


【銭】
『恐竜超伝説』:映画ファン感謝デーで1200円。
『ねこねこ日本史』:映画ファン感謝デーで1200円。
『GのレコンギスタⅡ ベルリ撃進』:番組特別価格1800円。
『風の電話』:チケ屋で前売券1000円でGET。
『37 Seconds』:前回有料入場割引+ネット割引1200円。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
恐竜超伝説 劇場版ダーウィンが来た!@ぴあ映画生活
映画 ねこねこ日本史 ~龍馬のはちゃめちゃタイムトラベルぜよ!~@ぴあ映画生活
劇場版 Gのレコンギスタ II「ベルリ 撃進」@ぴあ映画生活
風の電話@ぴあ映画生活
37セカンズ@ぴあ映画生活
▼関連記事。
劇場版 Gのレコンギスタ Ⅰ「行けコア・ファイター」@死屍累々映画日記・第二章
・劇場版 Gのレコンギスタ II「ベルリ 撃進」@死屍累々映画日記・第二章

『架空OL日記』トホーシネマズ日比谷3

◆『架空OL日記』トホーシネマズ日比谷3

▲バカリズムが圧倒的な「なにげなさ」で場に溶け込んでいる。

五つ星評価で【★★★★何も起きない凄さ】
バカリズムが架空のOLになって何気ない日常を淡々と描く。
まあ、驚いてしまうのはバカリズムがOLを演じていても何の違和感もない点だ。「女性性」が強いとは思わないが、何て「男性性」が弱いのだろう。いや、逆にバカリズムの周囲のOL達が普通の映画で見るような「女性性」の強さがないとも言えるかもしれない。基本、この物語において「恋」や「男性性、女性性をマーキングする指向性」などは見られない。OLもサラリーマンも等しく均一で、強い「性別」を感じえられない。彼女たちはバカリズムを含めて、どちらかと言うと「村人」なのだ。物語に極力絡まず、事の成り行きのみを会話する、そんな生き物。

夏帆ちゃん、強盗役に襲われながら、笑いが止められない、あのひねくれた笑いの演技の素晴らしい事よ。
臼田あさ美のウェディング・ドレス。今までのどんなドラマの誰よりもドレスの出来が素晴らしかった。更衣室で「脱ぐ」訳でもないのだけど、OL衣装のままでも何気に美脚。
佐藤玲、小動物みたい。バカリズムと夏帆の間に空気のように存在するルールをかたくなに簡単に分からない、割と自分ルールが強そうな、いや、やっぱりちょっと頭が「弱い」のか、みたいな迷いどころが良い。
山田真歩、お局さま。

会話の何一つ重要じゃない感じが凄い(当人達にとっては、それなりに大事)。それは共同体を維持するのにとても大事。極めて女性的、かつ、村的な映画。
この映画の対極が荒々しく現状を変えようと男が七転八起に絶叫しながら世界を駆け抜ける『燃えよ剣』じゃないかと思う。


【銭】
映画ファン感謝デーで1200円。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
架空OL日記@ぴあ映画生活
▼関連記事。
殺意の道程(脚本監督次作)@死屍累々映画日記・第二章

コメント、TB欄について

コバエのように湧いてくる無法者のコメントとTB、仮に親密な意図が来訪者にあったとしても、LINK先が全て日本語以外のHPであった場合、何らかのLINK誘導と見なし、そのコメント、TBは無条件にコメ、TB上から外します(おめぇらもオラが日本語しか読めん事を知っとるだろ)。仮に飛んだ先が日本語だけでも映画や記事の内容に無関係なLINKがぶら下がってたら、ブログ上から外します。
又、同一のコメントに無法者が集中するようであれば、そのコメントの新規コメント口はCLOSEします。

どうやってくっつけに来るのかチョコチョコチョコチョコ止まらん。

前のページ