FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『架空OL日記』トホーシネマズ日比谷3

◆『架空OL日記』トホーシネマズ日比谷3

▲バカリズムが圧倒的な「なにげなさ」で場に溶け込んでいる。

五つ星評価で【★★★★何も起きない凄さ】
バカリズムが架空のOLになって何気ない日常を淡々と描く。
まあ、驚いてしまうのはバカリズムがOLを演じていても何の違和感もない点だ。「女性性」が強いとは思わないが、何て「男性性」が弱いのだろう。いや、逆にバカリズムの周囲のOL達が普通の映画で見るような「女性性」の強さがないとも言えるかもしれない。基本、この物語において「恋」や「男性性、女性性をマーキングする指向性」などは見られない。OLもサラリーマンも等しく均一で、強い「性別」を感じえられない。彼女たちはバカリズムを含めて、どちらかと言うと「村人」なのだ。物語に極力絡まず、事の成り行きのみを会話する、そんな生き物。

夏帆ちゃん、強盗役に襲われながら、笑いが止められない、あのひねくれた笑いの演技の素晴らしい事よ。
臼田あさ美のウェディング・ドレス。今までのどんなドラマの誰よりもドレスの出来が素晴らしかった。更衣室で「脱ぐ」訳でもないのだけど、OL衣装のままでも何気に美脚。
佐藤玲、小動物みたい。バカリズムと夏帆の間に空気のように存在するルールをかたくなに簡単に分からない、割と自分ルールが強そうな、いや、やっぱりちょっと頭が「弱い」のか、みたいな迷いどころが良い。
山田真歩、お局さま。

会話の何一つ重要じゃない感じが凄い(当人達にとっては、それなりに大事)。それは共同体を維持するのにとても大事。極めて女性的、かつ、村的な映画。
この映画の対極が荒々しく現状を変えようと男が七転八起に絶叫しながら世界を駆け抜ける『燃えよ剣』じゃないかと思う。


【銭】
映画ファン感謝デーで1200円。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
架空OL日記@ぴあ映画生活
▼関連記事。
殺意の道程(脚本監督次作)@死屍累々映画日記・第二章
スポンサーサイト



コメント、TB欄について

コバエのように湧いてくる無法者のコメントとTB、仮に親密な意図が来訪者にあったとしても、LINK先が全て日本語以外のHPであった場合、何らかのLINK誘導と見なし、そのコメント、TBは無条件にコメ、TB上から外します(おめぇらもオラが日本語しか読めん事を知っとるだろ)。仮に飛んだ先が日本語だけでも映画や記事の内容に無関係なLINKがぶら下がってたら、ブログ上から外します。
又、同一のコメントに無法者が集中するようであれば、そのコメントの新規コメント口はCLOSEします。

どうやってくっつけに来るのかチョコチョコチョコチョコ止まらん。