fc2ブログ

『痴漢電車 下着検札』ラピュタ阿佐ヶ谷

企画「最後のプログラムピクチャーと呼ばれて 滝田洋二郎監督と異色のフィルムメーカーたち」から1プログラム。

◆『痴漢電車 下着検札』ラピュタ阿佐ヶ谷
五つ星評価で【★★★懐かしい。チープではあるが映画としての屋台骨がしっかりしてる】
1984年、カラー、64分、3回目か4回目。
痴漢電車黒田一平もの。
蛍雪次朗の髭トラッドのかっこ悪い事よ。
竹村祐佳の下品なキュートさがたまらん。可愛い系・美人系で分けるなら美人系なんだけど、POPなんだよね、存在感が。
後家役の風かおるもぼーっとしてるけど、エロ演技がたまらん。悪女役だけど、素の性格が良さげで、あまり悪女に見えないんだよね。
姪御役の女の子のヤンキーっぽいけど身体の感度いいとこがたまらん。滝田、濡れ場上手いなあ。
濡れ場や痴漢シーンはどれもエロいし、お金がないのがムチャクチャ伝わってくるのだが、どのカットを見ても「表現の希望」に満ち溢れている。1カット、1カット手抜きがない。


【銭】
番組料金一般入場料金各1200円。
スポンサーサイト



プロフィールだ

fjk78dead

Author:fjk78dead
ふじき78
映画を見続けるダメ人間。
年間300ペースを25年くらい続けてる(2017年現在)。
一時期同人マンガ描きとして「藤木ゲロ山ゲロ衛門快治」「ゲロ」と名乗っていた。同人「鋼の百姓群」「銀の鰻(個人サークル)」所属。ミニコミ「ジャッピー」「映画バカ一代」を荒らしていた過去もあり。

最新記事だ
検索できるんだ
最新コメントだ
最新トラックバック(直結)だ
俺のリンク集
カテゴリだ
月別アーカイブ(タブ)
カレンダー
02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる