FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『黒い司法』トーホーシネマズ日本橋5

◆『黒い司法』トーホーシネマズ日本橋5

▲我妻三輪子似。

五つ星評価で【★★★なかなか見せる】
エコエコアザラク、エコエコザメラク、エコエコケルノドス、エコエコアラディーヤ、
黒井ミサじゃないよ黒井志保だよ。いやいや、黒い司法だよ。
町の人々が誇る『アラバマ物語』とは
黒人の弁護を請け負ったグレゴリー・ペックが裁判で負ける話。
冗談キツイな、町の人(もちろん裁判で負けても社会正義は保たれる映画である)。

主人公の弁護士を演じるマイケル・B・ジョーダン、気づかなかったけどブラックパンサーとかグリードの人か。ニガーの癖に顔が甘い。顔が最近あまりお見掛けしない我妻三輪子さんのようである。デレっとした顔なんである。このデレ顔の弁護士はアラバマの牢内の囚人に回見しようとして、全裸になる事を強要され、その上、ケツをこちらに向けろという命令まで受ける。逆に言えば、そういうギャングまがいの弁護士がケツの穴の中に凶器か何かを入れて囚人に受け渡したという前例があるのかもしれない。そんな仕打ちに合うなら我妻三輪子さんのビジュアルで是非やってもらいたいたかった。ハアハア

そんな彼に弁護されるジェイミー・フォックス、彼もスラムで生まれたかのような冷たい表情で本当育ちが悪そう。あーもう、本当役者やのう。

そいと主人公が死刑に立ちあうベトナム帰りの男と、デタラメな供述を検事サイドに強要させられる男の演技も立派だった。
トントン拍子に上手く解決するかと思いきや、大きな頓挫に見舞われるのも、とてもよく出来ている。


【銭】
火曜割引価格1100円。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
黒い司法 0%からの奇跡@ぴあ映画生活

『エッシャー 視覚の魔術師』下高井戸シネマ

◆『エッシャー 視覚の魔術師』下高井戸シネマ

▲えっしゃー、えっしゃー、えっしゃほい、さっさ。

五つ星評価で【★★冒頭エッシャー談通りかどうかは微妙だが】
よっしゃー、えっしゃーの感想書くぞ(頭からオヤジギャグ)。
冒頭、「私に付いて語るなら私以外の適任者はいない」というエッシャーの言葉に続いてドキュメンタリーが始まる、ドキュメンタリー映画としては強気な姿勢。だが、エッシャー自身の作品はどれも神がかっているが、エッシャーの人生は極めて普通。そして、エッシャー自身も特別にエキセントリックとかそういうタイプではないので、作品をじっくり見せてくれる方が楽しいかもしれん。ところどころナレーションで入る文献エッシャーの愚痴は却って興を削ぐ。
エッシャー自身は自分の作品を「芸術」の中に入れるのは抵抗があったようだ。審美的な視点から「美しいから描いている」という立場ではなかったからだろう。たった一人で仲間とつるむ事もなく、ピカソとかと同時期に独自に始まった現代美術みたいだ。他と交わらなかった故に、ガラパゴスであり、孤高。グッド。ひゃっほー。


【銭】
火曜割引価格1100円。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
エッシャー 視覚の魔術師@ぴあ映画生活

上野オークラでモンブランに悦楽交差点に尼20200320-20200326

◆『悶撫乱の女 ふしだらに濡れて』

▲画像はいずれも大蔵さんのブログから貰った。すんげー暗い。

五つ星評価で【★★★★これは染みる】
奥田咲 主演、那波隆史、涼南佳奈 出演。
高原秀和監督、宍戸英紀、高原秀和脚本。2020年のピンク映画。

孤独な男と孤独な女が身を寄せ合って幸せを模索する、小さくて切なくて可愛らしい話。成人映画とかどうとか以前に、濡れ場がなくても普通にいい映画(別に濡れ場があって悪い訳でもない)。
主役の奥田咲の普通っぽいところ(美人タイプではない)と、でも脱ぐと巨乳でいい身体ってのが良かった。
モンブランは漢字にすると昔のAV女優を思いだしてしまうので(漢字違いではある)、カタカナを使った方が良かったかと思う。男・那波隆史のモンブランにまつわるエピソードがさもありなんなリアリティーで良い。帰り道に買って家で食べたいと思ったが、普通のモンブランを売ってなくて断念した。そんな人生なんだよ、俺。
那波隆史の同僚と奥田咲の同僚の濡れ場もコミカルなB面という感じで良い。この二人の未来がA面に比べると先行き不安しかないのだけど。


◆『ノーパン尼寺 熟れた茂み』
旧題『不浄下半身 尼寺の情事2』


▲俺、そんな本物じゃないから本気で剃られたりすると申し訳ないけど逆に引く。

五つ星評価で【★完睡】
佐々木基子主演。
北沢幸雄 脚本・監督。 1998年のピンク映画。
尼さんでは欲情しないんだよなー、俺。
あ、断髪シーンで本当に髪を下ろして剃っている。すげーな。
あと、髪を下ろす前の濡れ場があったなあくらいで記憶なし。
多分、和顔で剃髪って私のエリア外なのだと思う。


◆『悦楽交差点 オンナの裏に出会うとき』

▲しょん横の入り口にこんな綺麗な人いないよ。

五つ星評価で【★★★★もちろん素晴らしい】
古川いおり主演、麻木貴仁 福咲れん 佐倉萌 出演。
城定秀夫脚本監督。2015年のピンク映画。ブログ上では2回目だが5、6回見てる筈。
古川いおりの役名が「まこと」ってのが味わい深い。
麻木貴仁から見た古川いおりが「まこと」なのか、
古川いおりの真の心持が「まこと」なのか、実はその二つの「まこと」がラストシーンで必ずしも別々の物でないかもしれないという事なのか。それにしてもラストの佐倉萌の「がんばれー」もあんな無責任な応援はないだろうと思うものの、あんな清々しい「がんばれー」も他のどんな映画でも今までに聞いた事がない。見掛けはライトなのだが、あれは実に「魂の慟哭」という奴だな。


【銭】
上野オークラ、一般入場料金1700円。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
悶撫乱の女 ふしだらに濡れて@PG
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です(一部TBなし)。
悶撫乱の女 ふしだらに濡れて@横浜SANのブログ
▼関連記事。
悦楽交差点 オンナの裏に出会うとき(1回目)@死屍累々映画日記・第二章
・悦楽交差点 オンナの裏に出会うとき(2回目)@死屍累々映画日記・第二章
前のページ