FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『黒い司法』トーホーシネマズ日本橋5

◆『黒い司法』トーホーシネマズ日本橋5

▲我妻三輪子似。

五つ星評価で【★★★なかなか見せる】
エコエコアザラク、エコエコザメラク、エコエコケルノドス、エコエコアラディーヤ、
黒井ミサじゃないよ黒井志保だよ。いやいや、黒い司法だよ。
町の人々が誇る『アラバマ物語』とは
黒人の弁護を請け負ったグレゴリー・ペックが裁判で負ける話。
冗談キツイな、町の人(もちろん裁判で負けても社会正義は保たれる映画である)。

主人公の弁護士を演じるマイケル・B・ジョーダン、気づかなかったけどブラックパンサーとかグリードの人か。ニガーの癖に顔が甘い。顔が最近あまりお見掛けしない我妻三輪子さんのようである。デレっとした顔なんである。このデレ顔の弁護士はアラバマの牢内の囚人に回見しようとして、全裸になる事を強要され、その上、ケツをこちらに向けろという命令まで受ける。逆に言えば、そういうギャングまがいの弁護士がケツの穴の中に凶器か何かを入れて囚人に受け渡したという前例があるのかもしれない。そんな仕打ちに合うなら我妻三輪子さんのビジュアルで是非やってもらいたいたかった。ハアハア

そんな彼に弁護されるジェイミー・フォックス、彼もスラムで生まれたかのような冷たい表情で本当育ちが悪そう。あーもう、本当役者やのう。

そいと主人公が死刑に立ちあうベトナム帰りの男と、デタラメな供述を検事サイドに強要させられる男の演技も立派だった。
トントン拍子に上手く解決するかと思いきや、大きな頓挫に見舞われるのも、とてもよく出来ている。


【銭】
火曜割引価格1100円。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
黒い司法 0%からの奇跡@ぴあ映画生活
スポンサーサイト