FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『サーホー』丸の内ピカデリー1

◆『サーホー』丸の内ピカデリー1

▲♪飛べ飛べ飛べガッチャマン、行け行け行けガッチャマン。

五つ星評価で【★★★ギャング版バーフ・バリ】
バーフ・バリを現代劇にして、王国をマフィアに変えて、刀や弓での戦いを銃弾に変えた。テンションつーか、音響と見得の切り方が歌舞伎みたいに計算されてて「ジャーン」みたいな場面がつるべ打ち。楽しいは楽しいがけっこうストーリーラインは雑じゃない?(っつか、単に秘密捜査官とボスの息子を混同して混乱してしまった俺が悪いのか) 長い話の中で、どんでん返しを2回3回やるのは偉いけど、冒頭にロイ王国の立ち上げから没落までを一気に書いて、その後、ほったらかしになるので、そのうちこのラインに話が戻って来ると言うのは見え見え。見え見えなのに見終わって俯瞰で思いだそうとしても話の全体像が分かりにくい。まあ、何回も見ろよってメッセージかもしれんけど。

アクシヨンシーンや映像を持たせる力が抜群で、ある意味ずっと気持ちいい映像でラリってる状態に近い。低音の圧が強くて無い子宮にビンビンに響いて感じてしまう。その代わりなのか、歌とダンスは割と間延びしてる。まあでも凄いよ。ジェットマンだけですげーよ。

ロイ王国の暗黒部門のデーヴラージの燻し銀に暴力的な感じが良い。
インド映画で、インテリな女秘書(で、しかも内心腹黒)は珍しげ。

PS コロナ騒動でピカデリーは座席にテープを貼って
 座らなくさせる間引き営業。次席を中心に右に3席、左に3席が
 座れない。これでは満席になっても赤字ではないか?
 「剛毅」とは思うがこれでやってけるのか心配である。

 

【銭】
前回有料入場割引+ネット割引で1200円。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
サーホー@ぴあ映画生活
スポンサーサイト