FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『ANNA/アナ』トーホーシネマズ新宿3

◆『ANNA/アナ』トーホーシネマズ新宿3

▲レズの同居人(うしろ)との愛のカット。マグカップがオシャレ。でもまあ、こんな映画じゃない。

五つ星評価で【★★★ベッソンちょっと復調か?】
ベッソン何本目かの女殺し屋もの。最高ではないが最低でもない。どちらかと言うと努力は認めたい。新味はないが、そこそこいい出来じゃん。ダレてないし、けっこう難しめの複雑なプロットだが、過去と現在、取り違えたりする事が一回もなかった。
主役はサッシャ・ルス。いろんな顔を見せる。及第点。つーか、誰かに似てるような気がしてたのだが坂口杏里に似てない? いや、もちろんルスさんの方が綺麗だけど。ガン・アクションとか格闘技とかけっこうちゃんと見せて立派。

そのサッシャ・ルスさんに比較されて「あのブス」呼ばわりされるヘレン・ミレンのKGB上司っぷりも素晴らしい。流石というくらい「あのブス」なのだが、ヘレン・ミレンって映画によって、美醜関係なく化けるから、「あのブス」くらいへっちゃらであろう。

そして、サッシャ・ルスの直属上官とライバル関係にある敵にルーク・エヴァンスとキリアン・マーフィ。この二人のバランスがとても良い。キリアン・マーフィお目めパチパチでお人形さんみたい。じゃあ、ルーク・エヴァンスは泥人形か。どちらもちゃんと切れ者で、この中心4人の騙し合いがなかなかあちこち上手いバランスで出来あがっている。

傑作とまでは言うのは抵抗あるのだが、憎めない小品である。

レズの情の深い姉ちゃんも良かった。


【銭】
毎月14日トーホーシネマズデー(全員割引日)に見たので1200円。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
ANNA/アナ@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です(一部TBなし)。
ANNA/アナ@yukarinの映画鑑賞日記α
スポンサーサイト