FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『事故物件 恐い間取り』新宿ピカデリー1、『ウィンダミア夫人の扇』シネマヴェーラ渋谷

同日鑑賞2本をまとめてレビュー。

◆『事故物件 恐い間取り』新宿ピカデリー1

▲この写真以外、スチールがみんな無人の部屋写真ばっか。

五つ星評価で【★★★見所はいろいろあるけど筋物としてはつまらんかな】
いい所も多々あれば悪い所も多々ある、微妙な一本。
いい所の最大最高の一番手は菜緒の怖がり演技。これは金を払うに値する演技だ。恐怖シーンが「CGバリバリやなあ」思った直後に彼女の怖がり演技がカットインすると、恐怖カット塗り替えられて怖くなる。それほど素晴らしい怖がり演技。
恐怖映像は頑張った物と頑張り損ねた物が適当に混ざってる感じ。赤い服の女やエレベーターを降りて殺しに来る男など、どちらかと言うとリアルタイプの幻覚の方が演出に合っているのか出来が良い。
まず、元の芸人、松原タニシを知らないのだが、亀梨君は致命的と言うほどではないが、ちょっと合わない気がする。と言うのは、現役アイドルである為「絶世の美少年」みたいには見せてはいないが、人間としてのポテンシャルの高さがあちこちで見えてしまう。亀梨くんガタイいい。頼り甲斐がありそうに見えるのは構成状マイナスじゃないかと思う。亀梨くんが髪をアップにして頭に手拭巻いてるシーンなんかは、アイドルの美肌にしか見えない。
4軒回るがどこも事象的には解消していない。なのでヤキモキする感じが残る。原因等が明確に分からんからつまらん訳ではなく、誰にでもありそうな話に見えて、そこは恐怖映画としていいのだが、やはり何かしらのレポートは付けないと、映画として雑に見えてしょうがない。


◆『ウィンダミア夫人の扇』シネマヴェーラ渋谷
五つ星評価で【★★★ルビッチのかーいー映画】
特集「素晴らしきサイレント映画Ⅱ」から1プログラム。
1953年、白黒無声サウンド版、89分、初見。
ルビッチが描く社交界を舞台にしたラブコメ。
ルビッチの描く主人公ウィンダミア夫人がお目めキラキラで、尻軽で可愛い。
ウィンダミア公はある日、アーリン夫人からある秘密を相談される。
ウィンダミア夫人は夫とアーリア夫人の不貞を疑うが、
自身も夫の知人から恋愛を告白される。

いやあ~、少女マンガ(笑)


【銭】
『事故物件 恐い間取り』:ピカデリー前回鑑賞割引で1300円
『ウィンダミア夫人の扇』:一版1200-400(会員割引)
▼作品詳細などはこちらでいいかな
事故物件 恐い間取り@ぴあ映画生活
ウィンダミア夫人の扇@ぴあ映画生活
▼関連記事。
劇場版ほんとうにあった怖い話~事故物件芸人~(題材近い奴)@死屍累々映画日記・第二章
スポンサーサイト