FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『覗かれた足』シネマヴェーラ渋谷

◆『覗かれた足』シネマヴェーラ渋谷
五つ星評価で【★★★足フェチ・ファンタジー】
特集「新東宝のディープな世界 アンコール&リクエスト」から1プログラム。
1951年、白黒、79分、初見。
1983年トリフォーの『日曜日が素晴らしい』より32年早く、半地下から少女の足カットをまざまざ見て悦に入るって似たような行動を取ってるのに早すぎて誰にも気づかれなかった映画。っつか、半地下から覗いてる美脚にノックアウト感がないんである(肉付きのよくなる前の少女の足なので、単に細くて真っすぐな風)
舞台は銀座ワシントン靴屋。地上階で上得意客に対する接客や、駆け込みの客の対応をしており、地下階(半地下)で、職人が靴を直している。この上下構造がそのまま階級を表わす構造になってるのがおもろい。地下の階が靴の精霊とか妖精とかの作業場みたいであり、ある意味とても貧乏な洞窟くさい(ビルの地下にもかかわらず)。上の者は野蛮な肉体労働の下層に行きたがらず、下の者も実のない上の階に積極的に行きたい訳ではない。しかし、銀座でマダム相手に客商売をやるにはあんな風にオカマ言葉で「お紅茶出して差し上げて」なんてサービスをしなければいけなかったんだろうか。だとすると、銀座もなかなか野暮ったいなあ。
ある日、職人長の進藤英太郎が半地下から見た美しい足に魅入られ、注文にない靴を作ってしまう。靴は非売品としてウィンドウに飾られ、最終的には足のモデルのとこにまで辿り着く。

その時、靴屋では殺人事件が起き、モデルの少女の兄に嫌疑がかかる。
靴職人は足だけ見ていた状況を警察に話し、少女の兄の嫌疑を張らす(ちなみに、この時「じっちゃんの名に賭けて」とか「真実は常に一つ」とか殺し文句を言ったりはしない。まー、ただの靴職人だからな)。
まあ、でも、それはそれ、これはこれでしょう。
ラスト、「これからもずっと美しいあなたの靴を作らせてほしい」と懇願する進藤英太郎、ラスト大団円カットで普通に足の少女に嫌がられている風である。


【銭】
一版1200-400(会員割引)
▼作品詳細などはこちらでいいかな
覗かれた足@ぴあ映画生活
スポンサーサイト