FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『野良犬』神保町シアター

◆『野良犬』神保町シアター
五つ星評価で【★★田宮二郎の波に乗れず】
特集「没後30年 異端の美学 大映の成田三樹夫」から1プログラム。
1966年、カラー、85分、初見。
田宮二郎が明るいとぼけた関西弁で宿無しの一匹狼を演じる「犬」シリーズの第7作目。『白い巨塔』のイメージが強くて、こういうライトなのやってたのは全然イメージなかった。まあでもシリーズ化されてるから世間的な認知も高かっただろう。それでも、私には田宮二郎が無理して明るいセリフを言ってるように見えてしまい、なるほど役者に付く固定イメージってよろしくないな、と。明るくて、とぼけていて、自分の中に強い正義感を持ち、女は好きだが、女に弱い。今なら大泉洋がやったら似あいそうな役だ。まあ、田宮二郎版は妙に童貞マインドが強いから、その辺は改変対象かもしれない。
田宮二郎が交通事故にあった少女の兄を探すが、その兄は刑務所から出所したばかりで、暴力組織とトラブルを抱えていた。兄の役が成田三樹夫で、一応、役柄上は拳銃を常備しているから「殺し屋」なんじゃないかと思う。冤罪を押し付けられようとしており、でも、殺し屋なら受けて相応なリスクじゃないかと思わなくもない。この成田三樹夫が妙に正義漢が強く、まだ悪に染まりきってないのに、顔がそういう顔だから配役されてしまったみたいな。なので、こちらも往年の成田三樹夫みたいな根っからのヤクザみたいな図太さはない。この役は浪岡一喜に似合ってる。

「マスゴミ」って表現が初めて使われた映画だったりしないだろうか?


【銭】
一般入場料金1300円から曜日割引で300円引いて全員1000円。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
野良犬〈1966年〉@ぴあ映画生活
スポンサーサイト