FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『グリザイア:ファントムトリガー THE ANIMATION スターゲイザー』EJアニメシアター新宿

◆『グリザイア:ファントムトリガー THE ANIMATION スターゲイザー』EJアニメシアター新宿

▲右がレギュラーのスナイパー、左がそれに対峙する凄腕スナイパー。

五つ星評価で【★★★★内容はともかくタイトルは長い】
以前見たゲームの劇場用アニメ『グリザイア』の第二弾。
死ぬほど美少女キャラが出てきて、本当に死んだりもするのだけど、構造的にみなほぼ同じ顔を与えられているのに、ちゃんとキャラ分別が出来るのは大したものだし、作画レベルがかなり高く、手を抜いていない。前作は肉弾アクションの娘と妹分が二つの組織に分かれて殺し合いというドラマだったが、今回は狙撃手に的を絞り、狙撃合戦みたいなドラマになってる。前作同様、美少女キャラを中心に据えたバリバリ中2設定だが、そこは面白ければいいじゃんで、強引に捩じ伏せている。肉弾アクションの相手は肉弾アクション、狙撃手の相手は狙撃手としていて、敵は自分のハイパワー模造品というマーヴェル単品映画の構造に似てる。おそらくこれは特徴を持つ者通しを戦わせる時の「そうした方が作劇が容易で効果が高いですよ」というセオリーなのだろう。
今回は狙撃手に的を絞った為、強襲者、忍者(諜報戦担当者)、作戦作成者、サイバー戦担当者などがちょっとずつ出番を減らした感じ(強襲者に至っては他に丸投げするという政治判断が伴った為、全部だ)。
その丸投げ先、野戦強襲を得意にする対テロ学園の姉妹校がシスターの衣装の美少女軍団って趣味性はたいそうお好みじゃ。平時は癖が強すぎる猫目娘の言動も、戦いの中にはピタっと嵌るのが面白いし、かっこいい。

先頭に付く90秒の世界観紹介も嬉しい。映画館は一見さん向けの優しさを失っては行けないと思う。

最後のクラウドファンディングの名前一覧に「負け犬」と言う名前を発見。いいセンスである。


【銭】
均一料金1700円。前回が通常料金、割引ありだった事を考えると末期的料金設定。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
グリザイア:ファントムトリガー THE ANIMATION スターゲイザー@ぴあ映画生活
▼関連記事。
グリザイア:ファントムトリガー THE ANIMATION(前作)@死屍累々映画日記・第二章
・グリザイア:ファントムトリガー THE ANIMATION スターゲイザー(今作)@死屍累々映画日記・第二章
スポンサーサイト