FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『劇場版 殺意の道程』EJアニメシアター新宿

◆『劇場版 殺意の道程』EJアニメシアター新宿

▲主役二人。

五つ星評価で【★★★★バカリズム節】
WOWWOWで放映したドラマの再編集版で、ちょっとだけ切って出来上がってるらしい。『架空OL日記(※1)』もそうだが、映画的な仕上がりではない。でも、面白いからええやろ、みたいな。例えば、三谷幸喜の『古畑任三郎』を特別な改変なしに劇場で流したら、やはり映画っぽくは思えないだろう。でも、絶対、面白い。よい脚本、よい物語はメディアを凌駕する。バカリズムはそういうライターなのだ。バカリズムの異様に観察眼が鋭く細かい事に気が付いてしまう物の見方が脳を刺激する。そして、語りが面白い。とぼけた独白により、極めて真摯な筈の復讐ドラマがちょっとずつ軸がずれていき、迷走しながらも一回りして、正しい結果に落ち着くような幸福感。
あとはもうキャスティングの勝利。
井浦新は地道に朴訥に何かをさせ続けたらもう絶対に結果を残してくれそうな、そういう配役。仮に彼に連帯保証人10人集めてくれと頼んたら三日後くらいに集めてきそうな、そんな人。この映画で髪の毛が天パーつか、何か出来の悪い鳥籠みたいで、それを見て、スピードワゴン小沢一敬に似てるみたいな発見があった。うん、それならバカでもしょうがない。でも、主人公が正直でバカって可愛いじゃん。
相棒に付くバカリズムは、まあ、井浦新もそうなのだけど、抜群に華がない(※2)。とても、いい釣合いを保ちながら地味に実直で、井浦新よりほんのちょっと世間と仲良くやってる感じがベストだった。
堀田真由、殺人の師匠にキャバ嬢(笑)。いい意味でいやらしさがないわあ(でも、それは悪い意味でもいやらしさがないとも言える)。
佐久間由衣、最初、物凄く日本語うまくなったなシム・ウンギョンと思って見てた。途中から佐久間由衣だと気が付いた。日本語うまくなったな佐久間由衣。

▲最左端がシム・ウンギョン似の佐久間由衣。

鶴見辰吾、中三の杉田かおるを妊娠させて以来、あちこちの映画で悪の道をひた走っているので、「悪い役」としてとても収まりがよかった。

『殺意の道程』は「さついのみちのり」と発音するのだが、「さついのどうてい」で「童貞」と掛けているとも思う。あーもー、そーすると鶴見辰吾は「殺意のヤリチン」になってしまうし、それは正しい。

やはり、脚本・監督の前作『架空OL日記』と比べると、士農工商もとい起承転結で、話がちゃんと正しく幕を引いているのが良かった。前作、「三船敏郎と同じ性別を持つバカリズムがOL違和感ないんだあ」という驚きがあったが、ラストがなし崩し的にアートに逃げたっぽかったし、よく考えれば脳みそ夫だって常日頃からOL姿だしなあという認めたくなさがあったのだ。前作も今作も映画の香りは薄いけど、ネタ話として好き。

※1 『架空OL日記』『架空OLニック』とタイプミスしてわらた。
※2 「抜群に鼻がない」って誤変換に、それはまずいわって思った。


【銭】
テアトルの会員割引で1300円。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
劇場版 殺意の道程@ぴあ映画生活
▼関連記事。
架空OL日記(脚本監督前作)@死屍累々映画日記・第二章
スポンサーサイト