FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『プリンセス・プリンシパル Crown Handler 第1章』トーホーシネマズ池袋8

◆『プリンセス・プリンシパル Crown Handler 第1章』トーホーシネマズ池袋8

▲上左から、ちせ、ベアト、プリンセス、アンジェ、ドロシー。

五つ星評価で【★★★★もう、彼女たちが大好き】
『鬼滅の刃』も放映したいかしたアニメ偏重TV局MXテレビ放映によるTVアニメ『プリンセス・プリンシパル』、劇場版上映記念にJCOMテレビで全話一挙放映てのをやってたのをリアルタイムで知って最初の15分くらい見逃した状態で録画、次の日にはすっかり見てバッチリやられてしまった。最初の15分はマニア的には問題あるが、ストーリーテリングの上からはおそらく問題ない。
それにしても一話から飛ばしてる。
物語の主人公はスパイ、表情を変えずに嘘を付く。表情を変えずに嘘を付き、弱者に対しても必要であれば銃を撃ち命を取る。これはアニメの主人公としては異質以外の何者でもない。
二話以降、彼女や彼女のチームの活躍が彼女らの過去と共に明かされる。
彼女たちがそうしなければ生きてこれなかったメンツであり、みんな方向性の違う苦労人だ。そういうのには日本人としてやられる。みんなあんな若くて可愛くて悲惨で嘘つき、というのが趣味が悪い事にフラグが立ちすぎてたまらない。下種よのう、俺。

 アンジェ:もっとも大きな謎を持つ非情の女スパイ。作成の立案実行担当。誰より冷静沈着だが状況が悪すぎて過信ギリギリの作戦になりがち(それでも作戦は全てクリアしている)。最悪の事態の時は自分も含めてプリンセス以外はおそらく切り捨てる覚悟を持っている。
 プリンセス:アンジェのもっとも大きな謎の共犯者。この謎は現時点でチームの他の三人にも語られていない。王国宮廷育ちであるが、諜報に関しては才能があり、幼少時の恐怖体験から自己鍛錬を欠かさない、メンバー内でおそらくもっとも強いメンタリティーを持つ。最悪の事態でも誰も取りこぼす事を良しとしないタイプ(ある意味全滅タイプ)。
 ドロシー:チームのまとめ役兼上司との連絡役。技量的にはアンジェに劣るが、人間的であり、悪い姉御タイプ。チームが死地に陥りながらもあまりギスギスしていないのは彼女のゆとりがあるからだ。見張りに対して肉体的な篭絡をさせられがち(自らもしがち)。基本、最悪の事態であるなら、その時に助けられる者を助けるだろう、そこに優劣の差は付けない(作戦上最優先対象という考えはあるかもしれないが)。
 ベアト:いじめをプリンセスに救われたプリンセスの腰巾着。もっとも普通で道義的、臆病者でスピーカーで、いわゆる観客と他四人を繋ぐ普通人役。親から受けた虐待が元であらゆる声を再現できる。最悪の事態の時はプリンセスが最優先であるが、自分も含めてあまり「死」を身近に考えられないタイプ。
 ちせ:日本からの留学生で、あるミッションから参加。チームの動向を日本に逐次報告しているという意味では二重スパイにあたるが、これは立場上チーム公認と見ていいだろう。監視対象以上にチームに肩入れしているキライがあるが、いざとなれば公私混同はせずに敵対関係になる事も辞さないと思われる。武芸百般、アンジェとトントンに勝負できるか、アンジェ以上。

この五人が可愛くて可哀想で非情でいい。
OPかっけー、梶浦由紀じゃん。

という訳で、映画鑑賞。
思った通り、今までのシリーズを見てきた人にしか分からないであろう不親切設計。まあ、これはこれでいいか。
世界観を踏襲して、とてもよく出来ている。でも、今回でかいカタルシスに乏しいな。とりあえず、できるなら間を置かずに早く次を見たい。まあ、そうは行かないんだろうけど。


【銭】
番組価格:1400円均一料金。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
プリンセス・プリンシパル Crown Handler 第1章@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です(一部TBなし)。
プリンセス・プリンシパル Crown Handler 第1章@或る日の出来事
スポンサーサイト



シネロマン池袋でOP3本 20210212-20210218


▲画像はシネロマンさんから借りてきました。

◆『色情痴女 密室の手ほどき』
五つ星評価で【★★意識途絶】
倖田李梨主演、荒木太郎、朝倉麗出演 
浜野佐知監督 2010年のピンク映画、初見。
荒木太郎が倖田李梨に騙された騙された言うて始まる映画。荒木太郎と朝倉麗の金がなくて手切れ金も捻出できない夫婦の美しくない濡れ場が終わった辺りで意識がぷちっと途切れて事件がどうなったのかはもう謎のままである。


◆『性夜の古都 濡れひだの舞い』
旧題◆『祇園エロ慕情 うぶ肌がくねる夜』
五つ星評価で【★★椎名りく大暴れ、大野ゆかもよい人っぽい】
椎名りく、大野ゆか 主演
加藤義一監督、岡照男脚本 2009年のピンク映画、二回目。
椎名りくが好きなのでこれ目当てに見に来たが、ちょっと頑張りすぎなのが痛々しい。
久須美欽一がとても紳士的なのが凄い違和感(そんなのボク達が知ってる久須美欽一じゃないやい)。


◆『凌辱の爪跡 裂かれた下着』
五つ星評価で【★★★国沢実がまではじけてない時代】
春先桃香主演
国沢実脚本監督、2004年のピンク映画。初見。
レイプの事故報道がレイプを呼ぶような話。スタイリッシュな感じで、何かずいぶん真面目に撮ってる。


【銭】
一般入場料金は1800円だが、劇場に無料で置いてあるスタンプカード割引で1500円。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
色情痴女 密室の手ほどき@P.G.
祇園エロ慕情 うぶ肌がくねる夜@P.G.
凌辱の爪跡 裂かれた下着@P.G.
▼作品詳細などはこちらでいいかな
性夜の古都 濡れひだの舞い(一回目)@死屍累々映画日記・第二章