FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『さんかく窓の外側は夜』ユナイテッドシネマ豊洲10

◆『さんかく窓の外側は夜』ユナイテッドシネマ豊洲10

▲王様ゲーム本日のお題
「王様が一番の乳首をパーで探す」

五つ星評価で【★★★話が綺麗に終わってない。役者はいい。】
何かあれよ、あれよ、という間に事件は解決してないのに撮り高OKになったので話を畳んでしまった感じ。おいおいチラシのコピーが 「謎を解け。闇を裂け。」 なんだから、どっちか一つくらい成し遂げたらいいんじゃないかな? あまりはっきりしない状態のまま、話が閉じてしまったので、状況打破によるカタルシスみたいなのが感じられなかった。
無駄に顔がいいと言われる岡田将生。うんまあ、そうね。
ベチャっとした顔でネガティブっぷりがうるさい志尊淳。でもまあ、あんなのが見えたらうるさくてもしょうがないか。
演技パターン一つなのに、同じ感じの役が続くので気にならない平手友里奈。映画後半、身体を張るみたいな状況に個人的にいたく感心する。偉い。偉いんじゃないの。もう、サクっと脱いでしまえ(そんなこと言われる謂れは全くない)。
何者をも信じないの一言で済まされ、それを物凄くちゃんと実際の人間に投影して不動な感じの滝藤賢一。この人はプロ、岡田くんは次にプロ、年齢順か。
筒井道隆悪そうになったのお。
北川景子何やってんのか?

全体に絵や演技は凄く好み。とてもスクリーン映えするビジュアルである。主役の四人がそもそもビジュアル的に際立っているでもあるし。怪異の表現とか、とてもよく考えられているし、本当にイヤで良い。それに対しての「さんかく」は簡易な魔法陣のような物だろうけど、ビジュアルだけで済ますのではなく、荒俣宏的な蘊蓄による理論武装とかあったら納得できるのに。そういう配慮のなさは残念。
野郎二人の立ち位置も妙にホモいのにカラっとしてるのが不思議。話より絵にひたるタイプの映画の見方をする人に合いそう。

▲顔がムチャクチャ「高良健吾」な平手友里奈と意外に「ひょっこりひょうたん島の博士」な顔の志尊淳。


【銭】
ユナイテッドシネマ2ポイント割で1000円。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
さんかく窓の外側は夜@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です(一部TBなし)。
さんかく窓の外側は夜@yukarinの映画鑑賞日記α
スポンサーサイト