fc2ブログ

『ラブ・セカンド・サイト はじまりは初恋のおわりから』『パーム・スプリングス』ギンレイホール

◆『ラブ・セカンド・サイト はじまりは初恋のおわりから』ギンレイホール

▲自転車タイタニック(勿論そうではない)。

五つ星評価で【★★★最初の恋が始まるワクワク感はたまらん、、、がそれがズンズン壊されていく】
男の主人公が自己中で不誠実で好きになれない(特に二つ目の人生にシフトした後、女性に近づいていく様子はなりふり構わず相手の事も考えず、ラブコメ映画じゃなければ、結構なストーカーだと思う)。女性は蛙亭のイワクラっぽいが、映画の主役張るだけあってダンチで美人(わざわざ例えに出しておいて失礼な俺)。ラストこれじゃないだろ感激強。
でもまあ、一番驚いたのは卓球をやる主人公と悪友のユニホームが「キャプテン翼」の「南葛」だった事。


◆『パーム・スプリングス』ギンレイホール

▲とってもある意味「在りし日の二人」。

五つ星評価で【★★★つまらなくはないし、ラストもそうね、という感じだけど、何か強烈に惹かれるところは低い】
彼のラフな感じとか、彼女のどん底具合が申し訳ないけどキュートなところとか、タイム・ループに男女一組放り込んだオリジナリティーとか、平均的に良いけど、大成功拍手喝采みたいなラストかと言うと、そういう盛り上がり方ではなかった。ただ、タイム・ループを打ち破る方法として、ある意味、正攻法で挑むという考えは面白かった。えーと、いや、成功しないだろ、普通。


【銭】
会員証で入場。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
ラブ・セカンド・サイト はじまりは初恋のおわりから@ぴあ映画生活
パーム・スプリングス@ぴあ映画生活

『UFOロボ グレンダイザー対グレートマジンガー』『グレンダイザー ゲッターロボG グレートマジンガー 決戦!大海獣』『ロボットガールズZ』渋谷TOEI②

特集「劇場版マジンガーシリーズ大特集」の3プログラム。

◆『UFOロボ グレンダイザー対グレートマジンガー』渋谷TOEI②
五つ星評価で【★★★なんつか単純明快で好き】
1976年、カラー、27分、初見、葛西治監督作品。
ベガさん直属の上司が現場何やっとんねんプレッシャーを掛けに来て、兜甲児を監禁拉致して、グレート・マジンガーの情報を盗んでグレンダイザーと対決させる話。凄く当たり前に正義側の大介と甲児が功名争いなどせず両方が両方を思いやってるところに安心させられた(前の2本がそういう意味でヒーロー側のメンタル酷かった)。悪役が実に行動派で自分で作戦の陣頭指揮も取れば、グレート・マジンガーにも乗り込んだりもする。でも、勝てない。割と部下の宇宙人も普通にちゃんと働いてるのに。やっぱり、部長とかが指揮をするのはいいけど、自分で手を出しちゃいかんみたいな奴かな。
っつか、ロボット博物館に展示してるのはいいけど、武装は解いておけよ。少なくともエネルギーくらいは抜いておけよ。


◆『グレンダイザー ゲッターロボG グレートマジンガー 決戦!大海獣』渋谷TOEI②
五つ星評価で【★★うーん、怪獣が都合よく強くて、みんなで攻撃したら都合よく負けたみたいな感じ】
1976年、カラー、30分、初見、明比正行監督作品。
グレンダイザーとゲッターロボとグレートマジンガーがよく分からない公害怪獣みたいのと戦う。公害怪獣が後ろ盾になる宇宙人とかいない癖に無駄に強いのだけど顔が幾つもあったり普通の生命形態になぞらえないような規格のデザインなのでたいへん侵略の先兵っぽい。でもまあ、違う言うんだからしょうがないだろう。しかし、この組み合わせなら兜甲児はマジンガーZに乗っても良さそうなのに、戦闘機からは降りない。まああれがロボより最新鋭で攻撃力あるって設定があるんだろうけど、やはりあれ単体でZより強そうには見えない。せめてガウォーク形態になれば!(ならねえよ)
ゲッターの早乙女博士が海洋調査だかなんかで、海軍船舶に乗っているのだが、船の上でも下駄である。自分のライフスタイルを貫いて男前だなと思った。


◆『ロボットガールズZ』渋谷TOEI②

▲勢揃いカット。主役の三人が真っ中心にいないのがまあ、趣味的な感じ。

五つ星評価で【★★そーいや、こんなんやったわ】
2014年、カラー、82分、二回目、博史池畠監督作品。
しかし、今見ると、強い者(正義)は弱い者(悪)に対してとことん辛辣であって良いとのヤッターマン的な世界観が割とゲンナリする(いや、ヤッターマンは三人組が超打たれ強い事を知ってるから成立するのよ)。こういうのはじゃれ合いであるが、バランスが崩れると虐めみたいに見えるので、疲れてる時にはあまりスッと入って来ないのかもしれん。そもそも可愛い子が可愛いだけで全て許されるって言うのはちょっとバブル時代を引きずっているのかもだ。
ラスボスの「暗黒大魔神子(笑)」が無茶苦茶強い。特に全ロボの合体ビームを鼻くそであしらう姿には逆に気持ち良くなって、ちょっとゾクゾクした。俺、主役の方の3人をそんなに好きじゃないんだな。しかし、いまだかって敵や味方が排出するドラマで、こうまで強い鼻くそというのを見た事がない。と言うより、鼻くそが武器としてフィーチャーされるのを見たのはほぼほぼこれが最初だろう。長生きはして見るものだ(って長生きの御褒美が鼻くそかよ)。


【銭】
各作品1000円均一興行。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
UFOロボ グレンダイザー対グレートマジンガー@ぴあ映画生活
グレンダイザー ゲッターロボG グレートマジンガー 決戦!大海獣@ぴあ映画生活
ロボットガールズZ@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です(一部TBなし)。
UFOロボ グレンダイザー対グレートマジンガー+グレンダイザー ゲッターロボG グレートマジンガー 決戦!大海獣@徒然なるままに
ロボットガールズZ@徒然なるままに
▼関連記事。
ロボットガールズZ(1回目)@死屍累々映画日記・第二章
・ロボットガールズZ(2回目)@死屍累々映画日記・第二章

『くれなずめ』下高井戸シネマ

◆『くれなずめ』下高井戸シネマ

▲後列二人左から、若葉竜也、目次立樹、前列四人左から、藤原季節、成田凌、高良健吾、浜野謙太、ヘイヘイヘイヘイ。

五つ星評価で【★★「くだらなさ」に対するリスペクトは評価したい。ただ、やはりダラダラに耐えられなくてポカンとちょっと寝た】
話がクドい。同じような回転を2回も3回も続ける意味が良く分からない。それは強調にはならずに、逆に未練がましさを感じてしまう。
松井大悟監督の体験談から出来た話らしい。宣材であるチラシに書いてあるので非ネタバレ扱いで書くが、成田凌が死人で、残りの5人が知人の結婚式に呼ばれ、彼を懐かしむあまり、彼の姿が見えてしまい、一同存在を受け入れてしまう。懐かしかった高校の頃の思い出、成田の死、成田の無念、など話は転がっていくのだが、成田を囲む5人全体の雰囲気は悪くない。ただ、各キャラクター一人一人が弱く、5人もいらないのが問題点。それは見ていて混乱して疲れるのだ。
まあ、成田凌はいいとして、劇団コンビの若葉竜也と高良健吾は二人に分かれている必要がない。高良健吾なんて「この人、高良健吾に似てるのに押しが弱いなあ」に見えてしまう残念な役である。浜野謙太はよし。目次立樹も一見個性の強い行動を取るように見えるが、仲間だけで歩く際はほぼほぼセリフなし。あれならいらない。藤原季節も何か言ってた記憶がない。なので、成田凌を真ん中に若葉竜也と浜野謙太が付いていれば、それで良いのではないか。人が減ればそれぞれの役割が明確になるだろうから、一人一人のキャラが濃くなっていくだろう。仮にモデルがいるから減らせないというなら本末転倒だ。モデルの為に映画化するなら商品にしなくてもよい。それでも6人のボリュームが欲しいのだという事なら、「マジンガーZ」のボスや、「ヤッターマン」のドロンボー一味のように若葉竜也(もしくは高良健吾)の脇に腰巾着二人という構成でもよい。
そして、「男はいつまで経っても子供でグダグダでロクでもないけど可愛らしい」というクズいんだけどキラキラ輝く青春な感じを同じように描いて成功した、この映画の裏面として『あの頃。』をあげておきたい。ただ、『あの頃。』も又、6人組の話なのだが、やはり6人丸々はいらない。一人二人は除外しても問題ない。ただ「積極的に外した方が良い」とまではあまり思えない。『あの頃。』の6人にあまり無理がないのは、『くれなずめ』のように、ずっと1セットで延々と6人一緒に居続けなければならない特殊な状況じゃないからかもしれない。
クドい話にピンポイントでしか加わらない前田敦子が強烈。ダリオこと内田理央も普段のイメージより薄くていい。


【銭】
下高井戸シネマの招待券を先輩から貰ったよ。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
くれなずめ@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です(一部TBなし)。
くれなずめ@ここなつ映画レビュー

『Fate/Grand Order -終局特異点 冠位時間神殿ソロモン-』ユナイテッドシネマ豊洲11

◆『Fate/Grand Order -終局特異点 冠位時間神殿ソロモン-』ユナイテッドシネマ豊洲11

▲中央上の姉ちゃん(マシュ)のパイオツがたまらん。

五つ星評価で【★★★これは何だあれだあれだあははははは】
アニキャラ萌え全開オシャレ禅問答。

分かった。分からないで語るなら分からなかった。分かるかあんな禅問答。でも女の子がステキ。


【銭】
ユナイテッドシネマの1200円で8月末まで鑑賞できるクーポンチケット使用。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
Fate/Grand Order -終局特異点 冠位時間神殿ソロモン-@ぴあ映画生活
▼関連記事。
Fate関連記事リンク@死屍累々映画日記・第二章

『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ワールド ヒーローズ ミッション』ユナイテッドシネマ豊洲1

◆『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ワールド ヒーローズ ミッション』ユナイテッドシネマ豊洲1

▲左からワル雄、ヨシ雄、フツ雄。

五つ星評価で【★★★つまらなくはない】
いわゆる「ヒロアカ」の劇場版第三作。
二作目、一作目に比べると見劣りしてしまう。
二作目は最終回かよ、みたいな涙なくしては見られない主人公への追い詰め方に驚かされた。そして一作目も二作目も集団バトルが楽しい。この異能の力のちょっとずつの掛け合いが大波になる集団バトルこそが、実はヒロアカの魅力のけっこう大きいところなのじゃないかと思う。
三作目はバトルの大半をデク、爆豪、轟に絞ってしまった。3人ともパワーファイター型なので展開に大差ないのがよくない。
今回の敵、ヒューマライズについては「狂信的」で全て通してしまっているので、何でこんな組織が成り立つのかがよく分からない。もともと設定上8割の人間が「個性」を持つのだから、ヒューマライズが「個性」を使ってヒーロー側に対抗してくるのはおかしくはないのだが、戦闘に立ちあってるのは傭兵みたいな雇われ用心棒だけなのかどうかがよく分からなかった。どうもそれだけには見えなかったのが理屈部分での弱さだ。「狂信的」に隠れてダブル・スタンダードではいかんだろ。その辺の構成などはちゃんと語られるべき要素じゃないだろうか。
スナイパーの姉ちゃんがなかなか良かったが、あの終わらせ方はいかん(ヒーローが三人もいて)。
チンピラの兄ちゃんとの追っかけっこも含めて、カメラアングルがアニメだから自由なので、そこは超絶に凄いわ。目が追いつかん。
オープニングの所のマーベルっぽいカットはやりたかったのだろうというのが見えて、微笑ましい。決して嫌いではない。いや、逆にちゃんと好き。
原作側で謎が解明され、デクくんの能力が変わってきている。その辺は劇場版しか見てないと、いきなり違う能力になったようにしか見えないから説明入れるべきだと思う。全てがマンガやTVシリーズのファンで、全てを欠かさず見てるように思うのは慢心だろう。


【銭】
ユナイテッドシネマの1200円で8月末まで鑑賞できるクーポンチケット使用。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ワールド ヒーローズ ミッション@ぴあ映画生活
▼関連記事。
僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ~2人の英雄~@死屍累々映画日記・第二章
・僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ヒーローズ:ライジング@未レビュー
・僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ワールド ヒーローズ ミッション@死屍累々映画日記・第二章

『暗黒の恐怖』『死なない頭脳』シネマヴェーラ渋谷

特集「恐ろしい映画」から2プログラム。

◆『暗黒の恐怖』シネマヴェーラ渋谷
五つ星評価で【★★★★すんげ面白い】
1950年、白黒、96分、初見。エリア・カザン監督。
埠頭に浮かんだ殺人被害者がペストに罹患していた。加害者は被害者を埠頭に捨てる時、接触してペストが感染している可能性が高い。医者と刑事コンビによる濃厚接触者探しの捜査が始まる。被害者が密入国者で死体や持ち物を全て焼却してしまった為、身元すら分からない。捜査はゼロから。感染拡大のリミットは48時間。進まぬ捜査。うわー、めっちゃ面白い。
ペストである事が分かると、パニックが発生し、市外に患者が流出するから事情を喋れないが犯人の命も含めて救助したい捜査陣と、密輸入+殺人捜査と思って拳銃を撃ちまくって逃げる感染者の関係が皮肉。
安い賃金で死ぬほど働くプライドの高い医師にリチャード・ウィドマーク。プロの悪にジャック・パランス。医者も刑事もそうだが、薄給でも自分の仕事にプライドを持って働く男の映画がこの頃は多い。その薄給振りが行きすぎて、警察官は汚職なしには生活できないみたいな映画内の存在になってしまった。
コロナ騒ぎのおかげで極めて今日的な映画になってしまった映画。


◆『死なない頭脳』シネマヴェーラ渋谷
五つ星評価で【★★★すんげ変】
1962年、白黒、82分、2回目(初見と思ってたら見てた)。ジョセフ・グリーン監督。
外科医のビル博士は別荘に泊まりこんでマッドな実験で新しい外科手術の未来を模索している。その彼が婚約者と別荘に向かう途中で事故に会う。車は大破、婚約者はバラバラ。彼は婚約者の頭を掴むや、別荘まで駆けだし、首から上だけの状態の彼女の蘇生に成功する。死を望む彼女。一方、博士は首から上だけになってしまった婚約者の代わりの身体を求めて、繁華街のストリップ・バーや、いかがわしい写真撮影倶楽部に出向くようになる。この風俗来訪部分が妙に明るいノリで頭おかしい感が炸裂。首だけになって沈痛な彼女側との対比が強烈。
首だけで毒づく彼女のビジュアルが頭おかしい。怪物も出てくるが、これもいい感じにデッサンが狂ってるっぽくて、逆にステキ。


【銭】
各作品、一般入場料金1200円-会員割引400円。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
暗黒の恐怖@ぴあ映画生活
死なない頭脳@ぴあ映画生活
▼関連記事。
死なない頭脳(1回目)@死屍累々映画日記・第二章
・死なない頭脳(2回目)@死屍累々映画日記・第二章

『グレートマジンガー対ゲッターロボ』『グレートマジンガー対ゲッターロボG 空中大激突』『宇宙円盤大戦争』渋谷TOEI②

特集「劇場版マジンガーシリーズ大特集」の3プログラム。

◆『グレートマジンガー対ゲッターロボ』渋谷TOEI②
五つ星評価で【★★おいおい】
1975年、カラー、30分、初見、明比正行監督作品。
グレートマジンガーとゲッターロボが共存する世界線で、円盤に乗ってやって来る宇宙人が連れてくる宇宙怪獣と2大ロボは戦う。グレートマジンガーの科学要塞研究所とゲッターロボの早乙女研究所は、と言うより、グレートマジンガーとゲッターロボの操縦者は相手をライバル視する為に無駄に仲が悪く、作戦行動に支障が出る程になっている。両研究所の博士は共闘するべくお互い手を取る。宇宙怪獣はボスボロットとヴィーナスAの必死の努力により、都市部から離れ島におびき寄せられ、そこで両ロボとの対決になる。あーもーボスは偉いや。だって、民間でアマチュアで戦線に乗ってくる。こーゆーのが人間同士の戦争でも活躍すると怖いのだけど宇宙人相手ならまあ良し。この離れ島での戦いの前にゲッターは円盤に、マジンガーは怪獣にやられて、単体では勝てない事が明確になっているのだが、操縦者の認識は違う。このまま戦わせてくれていれば最後には勝っただろう。太平洋戦争の日本軍かよ。そして、離れ島で表面を取り繕うようにして仲良くなって何となく勝ってしまう。大きなカタストロフ、もとい、カタルシスが得られないのは俺だけか。グレートとゲッターチームの仲の悪さが無駄にフューチャーされたみたいで気持ち良くない一本。


◆『グレートマジンガー対ゲッターロボG 空中大激突戦』渋谷TOEI②
五つ星評価で【★★おいおい】
1975年、カラー、25分、初見、明比正行監督作品。
相変わらず仲の良くない、と言うより功名稼ぎ心が強すぎるグレートマジンガーとゲッターロボ。
グレートマジンガー改装中にゲッターロボが攻撃され、何か無茶苦茶情動効果の薄い中、武蔵が命を落とす。割とチンケな攻撃でやられてしまったのでまさか死んだとは思わなかった。そしてゲッターはこんな事もあろうかと開発されていたゲッターロボGが登場し、こんな事もあろうかと訓練していた代理操縦要員の弁慶が加わる事になる。なんかこの流れがちょっと失礼じゃない? そんな中現われる怪獣にグレートはまだ改造中で、ゲッターが来るまでビューナスAが時間稼ぎで出力するが手も足も出ない。やっと来たグレート(新兵器はまだ開発中)に戦いの足手纏いにされるビューナスA、際立つ剣鉄也の異常な性格の悪さ。戦場に出れないお前の代わりに戦っていたんだろうが。最終的にグレートの新兵器とゲッターロボGが駆けつけて怪獣は倒せたが、個人的には怪獣を倒せればそれでいいという物でもないだろう、という気持ちのしこりが見た後に残ってしまった。
早乙女研究所の早乙女博士は白衣で髪ザンバラ、無精髭に下駄って、独自すぎる科学者スタイル。ちょっと体臭ありそうだけど、ゲッターロボの研究者ならこれくらい変でもしょうがないだろう。ゲタ履いてると柔道とか強そうだけど、格闘能力の有無とかは不明(戦わないから)。
一方、科学要塞研究所の兜剣蔵博士は白衣の下、理髪師のようにスラっとスタイリッシュ。だが、全身サイボーグで手とか機械で怖い。人間サイズで一番強いのは実はこの人なのでは? ただ、身体が機械で、と言うより、顔の隈取りっつか、皺が悪魔っぽくって怖い。女子高生とか拉致して生体解剖してそうな空気感を持ってる。
ゲッターのみちるさんは小間使いみたいな使われ方しかしないけど、可愛子ちゃんできっといい人。
グレートの炎ジュンは服がエロい。基本いつもその同じエロい服を着てる。(*´Д`)ハァハァ  そして、何かあの世界で一番甲斐甲斐しく振る舞ってるのに評価されていない。ダメンズと付きあったらDVとか受けた後、「お前が好きだからやったんだ」で許してしまって、ソープに沈められそうなタイプ。そんな炎ジュンが大好きです(沈めてみたい/もしくは沈んだ後にサービス受けたい)


◆『宇宙円盤大戦争』渋谷TOEI②
五つ星評価で【★★おいおい】
1975年、カラー、25分、初見、芹川有吾監督作品。
『UFOロボ グレンダイザー』のパイロット的作品。
フリード星から極秘裏に亡命した(おそらく密入国だよなあ)フリード王子は北海道の牧場で地球人として生活していたが、近くの森に亡命してきた時の戦闘機ガッタイガーを隠している。このガッタイガーが何やら、最強兵器らしく、フリード星を滅ぼしたヤーバン星のヤーバン王の娘テロンナがわざわざ地球くんだりまで探しに来る。テロンナは5年前、フリードと恋人同士だった仲。

テロンナの部下が勝手に地球攻撃を開始。
「話をしに来ただけよ」
「じゃあ、何で攻撃を仕掛けた」
「!」
みたいに、順当に円盤ロボット版ロミオとジュリエットを踏襲。まあ、かってインディアンを滅ぼしたアメリカが黒船で大砲撃ちながら話に来ましたみたいな状態だから、それは信じられないよなあ(インディアン滅んでないだろ)。

テロンナの厚化粧メイクの身を落とした感が凄まじい。子供時代は普通の子供の顔だったから、あれはメイクの筈。しかし、子供の頃は友達で恋中になるまでの時間経過があってから滅ぼしたって事はなかなかヤーバン王、計略家じゃないか。

主題歌がそのまま「グレンダイザー」の所が「ガッタイガー」に置き換わってるのだが、グレンダイザー版を知ってるから、強烈な違和感を受けてしまう。そして「グレンダイザー」の方がメロディーへの単語のハマリが良い。どっちかって言うと「ガッタイガー」より「ガッタイダー」の方がまだ語呂がいいと思うのだが、それは『キカイダー01』で先に使ってしまっているからあかんのだ。円盤から抜け出したロボットタイプの「ロボイガー」って言うのもちょっとあまり語呂が良くない。そしてデザインが簡単。グレンダイザーよく出来てたんだなあ。


【銭】
各作品1000円均一興行。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
グレートマジンガー対ゲッターロボ@ぴあ映画生活
グレートマジンガー対ゲッターロボG 空中大激突@ぴあ映画生活
宇宙円盤大戦争@ぴあ映画生活
あ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です(一部TBなし)。
劇場版マジンガーシリーズ大特集@徒然なるままに
グレートマジンガー対ゲッターロボ@徒然なるままに
グレートマジンガー対ゲッターロボG 空中大激突@徒然なるままに
宇宙円盤大戦争@徒然なるままに

『サイダーのように言葉が湧き上がる』なら

『サイダーのように言葉が湧き上がる』なら、
おそらく『グレンダイザーのようにダブルハリケーンが湧き上がる』だろう。

だが、それだったら『ビューナスAやダイアナンAのようにおっぱいミサイルが無限に湧き上がってもらいたい』

何じゃそりゃ。

『ハニーレモンソーダ』トーホーシネマズ日本橋3

◆『ハニーレモンソーダ』トーホーシネマズ日本橋3

▲ラウールくんの魅力が俺には伝わらない。

五つ星評価で【★★★おおっ、ラウール】

※ ラウールくんにキツ目ノレビューです。
ラウールくん命の人はお避け下さい(あげるわよとか言われてお酒かけられたらイヤだとか考えるそれが余計)

「犯人はレモンソーダ」
「そういう事じゃない」


来ていた客の95%はラウールくん目当ての女性で、彼女たちはキャッキャッ言いながら帰っていったが、ごめん、ラウールくんの魅力が俺には伝わらんかった。職場のジャニ好きの同僚に言ったら「ラウールは大根」と即座に返された。まあ、上手いとは思わんけど、悩んでいてもあまり同情とか持てない感はある。塩対応だけど心は温かいの「温かい」部分とか、説明された上でちょっと考えて「そうかも」という感じだし。これは「役として生きていない」か「生きた役がつまらない」かのどちらかだろう。
で、そのラウールくんと、元虐められっ子で高校デビューしたいダサ女子の吉川愛がそれぞれ近くなり、遠くなり、徐々に両想いになっていく、壁ドン映画なのだが、この距離感が伝わりづらい。
話の中で、吉川愛はラウールを好きになるが、彼がハイクラスにいるので自分が付きあうとか考えられない。尊敬と誤魔化すが、好きが止められない。と言うのは、吉川愛の好演で凄くよく分かる。
対して、ラウールくんは、当然、吉川愛への態度は最初は保護者。そして、元カノの急接近で、彼が何を考えているのか、吉川愛への保護者から恋愛対象に変わる時の戸惑いとか、その辺の処理が雑で、脚本や演技が明確に見せていない。俺がホモじゃないから気づかなかっただけだろうか。あと、スタイリストがいいのかもしれないけど、ラウールくんのハイクラス感はよく出てた。
そこで逆に吉川愛はもう少しハッキリ地味沼に沈めても良かった。頭は悪いけど制服が可愛くてノリのいいパーテー学校に迷い込んでしまった地味女子という立場で、確かに制服の着こなしも違反が一つもないし、般若っぽい重みが強調されるセミロングストレートの髪も目を引くのだけど、周りとの対比と言う意味では大きく沈み込んでいない。真面目な服装スタイルなんだけど、その意図的なダサさに原石の魅力が勝ってる状態で、落差があるダサさ感が相殺されてしまってる。これはもう周りにサンバ・カーニバルみたいなのを着せるしかないのか。
周りの友達4人は好演。だが、壁ドン映画の定番シチュエーション(お祭りやクリパ)で人数が足りなかったり、主人公に言わせたい事がある時などだけに呼びだされてる感が強い。便利な道具集団で、普段からいつも絡んでる友達感が希薄なのが勿体ない。その中の一人、濱田龍臣ってウルトラマンやった後、壁ドン映画の客演するってキャリアはちょっと凄いな。

そして、ラウールは乙羽ちゃんの旦那に似てる(直接表現は避けました)。


【銭】
トーホーウェンズデーを使って1200円。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
ハニーレモンソーダ@ぴあ映画生活

『パンケーキを毒見する』新宿ピカデリー1

◆『パンケーキを毒見する』新宿ピカデリー1

▲「え?」と思わせるいいタイトルだと思う。

五つ星評価で【★★★飽きない作りに感謝しつつもセンスは悪い】
菅総理の評判集ドキュメンタリーと言えばいいのか。
過剰な演出や気分が落ちるアニメなどコロコロ目先を変えてくれるので、ワクチン運び屋大臣みたいに眠りに付く事もなく飽きずに見れたのは有り難い。ただ、無意味に過剰で大袈裟な演出や、気持ち良く見る事の出来ないアニメその物のセンスは悪い。演出などは意図的に偽悪的に振る舞ってるのだと思うが、シレっと娯楽として一番の形に仕上げればいいのに。皮肉や悪趣味では娯楽に勝てない。
しかし、主役が息するように嘘を付く安倍前首相でなく、介護されるように答弁する菅現総理なので、追及すべき事案が弱まってしまった感が強い。安倍時代の自分の身内の懐を暖めさせるための疑惑に次ぐ疑惑から比べると、菅総理は学術会議メンバーの任命問題、パンケーキ会食くらいで止まっている。その後のコロナ対策での無策っぷりと五輪への妄執っぷりにはあまり触れられていない(これは両方とも安倍時代からの継投事案でもあるのだけど)。なんか小さい。
しかし、菅総理の答弁を見てると、こんな話の通じない相手に対して、本当に野党はよくやっている。偉いと思う。こんなんでいい訳はないよなあ。観客にちゃんとこの国を心配させる気分にさせるのは良い。ただ、全体に相手が「のらりくらり」の総本山みたいな相手なので、今一つ話が響いてこない。善悪道徳を責める話ではあるけど、学術会議メンバーの任命問題なんて、そもそも慣例破りに問題がある事が映画内で語られないし、パンケーキ会食も褒められた話ではないが違法でもない。要はあまりそそらない話についての「あーだこーだ」になってしまっている。割とザックリとまとめられて多く語られていないが、コロナ対策に対する無策っぷりは、観客自身身に沁みて実感できる政治事案なのでもう少しウェイトを振って語られても良かったと思う。
あー、それにしても、若者に見てほしい。見た若者は「選挙に行かなければ」と自覚的になるらしい。その為には映画自体は凄く面白くなくても見てもらわないと(それなりに面白くないと分かっている物(いや、部分的には面白いが)を無自覚に人に勧めるのにはちょっと抵抗があるが)。だけど、平日ラストの回、新宿ピカデリー1を開けているのにも驚いた。
小池晃や赤旗は菅総理の評判が振るわなければ利する利害当事者なので、出演は驚くに当たらないが、石破茂や村上誠一郎など取りあわない方がよい立場の人が自分の言葉でちゃんと語っているのは良い。株が上がる。と言うか、本来、政治家は自分の言葉で喋れる人って当たり前が現政権でボロ崩れなのが凄い。そんな人たちの方が閑職味わってるという残酷さよ。

続きがあるならデーブ・スペクターとケント・ギルバートにプロレスを取らせてほしい。


【銭】
前回有料入場割引で1300円。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
パンケーキを毒見する@ぴあ映画生活
プロフィールだ

fjk78dead

Author:fjk78dead
ふじき78
映画を見続けるダメ人間。
年間300ペースを25年くらい続けてる(2017年現在)。
一時期同人マンガ描きとして「藤木ゲロ山ゲロ衛門快治」「ゲロ」と名乗っていた。同人「鋼の百姓群」「銀の鰻(個人サークル)」所属。ミニコミ「ジャッピー」「映画バカ一代」を荒らしていた過去もあり。

最新記事だ
検索できるんだ
最新コメントだ
最新トラックバック(直結)だ
俺のリンク集
カテゴリだ
月別アーカイブ(タブ)
カレンダー
07 | 2021/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる