fc2ブログ

『ミイラ再生』シネマヴェーラ渋谷

◆『ミイラ再生』シネマヴェーラ渋谷
五つ星評価で【★★ボリス・カーロフの顔芸よし】
特集「恐ろしい映画」の1プログラム。
1932年、白黒、73分、2回目、カール・フロイント監督作品。
うわあ見てたあ。2回目である。見終わっても気が付かなかった。ブログを見て以前に見ていた事に気が付いた。7年くらい前、同じシネマヴェーラ渋谷で見ている。つーか、覚えてないのはつまらないから。白黒時代のホラーキャラクターとして有名なミイラ男であるが、その暴力的なデザインと反比例して、大人しいし、冷静だし、強くない。やはり、そのギャップで退屈してしまう。話も大きいようで小さい。
ミイラ男はフランケンシュタインズ・モンスターとガチに殴りあって勝ちそうなデザインだが、魔力頼りで、その魔力を行使する理由は過去、叶えられなかった恋を適えるためである。なので、1970年代に流布した「ツタンカーメンの呪い」みたいに次から次へと研究者が呪いで死んだりしない。女の子が一人、前世の縁で、今の恋人と別れさせられるくらいの話である。つまり、年代的には深いのだが、出来事の範囲的には凄く小さい。向こう三軒両隣での痴話喧嘩みたいな話だ。いやいやいやいや、せっかくモンスターを出しているんだから、もっと大騒動にしてほしい。
ただ、ミイラ男御大ボリス・カーロフ様の顔芸は素晴らしい。そこは敬意を込めてちゃんと拍手を送っておきたい。
あと、チャイコフスキーの「白鳥の湖」で始まるホラーって今ではありえない。


【銭】
一般入場料金1200円-会員割引400円。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
ミイラ再生@ぴあ映画生活
▼関連記事。
ミイラ再生(1回目)@死屍累々映画日記・第二章
・ミイラ再生(2回目)@死屍累々映画日記・第二章
スポンサーサイト



プロフィールだ

fjk78dead

Author:fjk78dead
ふじき78
映画を見続けるダメ人間。
年間300ペースを25年くらい続けてる(2017年現在)。
一時期同人マンガ描きとして「藤木ゲロ山ゲロ衛門快治」「ゲロ」と名乗っていた。同人「鋼の百姓群」「銀の鰻(個人サークル)」所属。ミニコミ「ジャッピー」「映画バカ一代」を荒らしていた過去もあり。

最新記事だ
検索できるんだ
最新コメントだ
最新トラックバック(直結)だ
俺のリンク集
カテゴリだ
月別アーカイブ(タブ)
カレンダー
07 | 2021/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる