fc2ブログ

『背徳のメス』ラピュタ阿佐ヶ谷

◆『背徳のメス』ラピュタ阿佐ヶ谷
五つ星評価で【★★★★セクシー田村高廣】
特集企画「坂東妻三郎 田村高廣 永遠の親子鷹」から一本。
1961年、白黒、87分、初見、野村芳郎監督作品。
うわやばおもしれえ。
山村聰がボスで、田村高廣がサブチーフの貧乏病院の産科でボスの誤診でヤクザの情婦が死ぬ。山村聰は経験は豊富だが貧乏人の治療には手を抜くヤレヤレな医者だが地位もあり尊敬を集めている。田村高廣は女遊びがひどい院内の厄介者だが、治療に関しては神の腕を持っている。ヤクザに脅され対立する二人。ある晩、田村高廣が酔って当直室で寝ているとガスの事故で殺されそうになる。ここから田村高廣は独自に自分を殺そうとした人間を見つけ出そうとするのだが、探す事の手応えのなさや、探すとその先が見えてきてしまう奥の深さがリアルで怖い。先の展開が読めない。話に振り回される。あー、なんて面白い。
田村高廣がヤングでセクシー。自分の欲望の為には強姦も辞さない卑劣な男だが、彼をそうさせてしまった理由と物事の捕え方が綱渡りのように観客を嫌悪感から食い止める。
逆に一切の嫌悪感を背負わされるのが山村聰。下劣でたまらない。この下劣な男が病因内で確固な地位を築き尊敬されてる構図がリアル。
病院長が加藤嘉。ドラッグ打って正気を保っているかのようで怖い。正論の総本山みたいな存在であり、現場のひどさを体感している田村高廣とは相容れるようで相容れない。出番は少ないが強烈。
女優陣は割愛。女優陣は全て看護婦なのに、ナースフェチの自分がピクリとも食指が動かない。看護婦以前に労働者的であるからだろうか。あー『桃色身体検査』の滝川真子のナース可愛かったなあ。彼女がこの病院にいたなら、とりあえず田村高廣とは寝ている事だろう。


【銭】
一般入場料金1300円。
▼作品の概要はこの辺り見てください。
背徳のメス@映画.com
スポンサーサイト



プロフィールだ

fjk78dead

Author:fjk78dead
ふじき78
映画を見続けるダメ人間。
年間300ペースを25年くらい続けてる(2017年現在)。
一時期同人マンガ描きとして「藤木ゲロ山ゲロ衛門快治」「ゲロ」と名乗っていた。同人「鋼の百姓群」「銀の鰻(個人サークル)」所属。ミニコミ「ジャッピー」「映画バカ一代」を荒らしていた過去もあり。

最新記事だ
検索できるんだ
最新コメントだ
最新トラックバック(直結)だ
俺のリンク集
カテゴリだ
月別アーカイブ(タブ)
カレンダー
06 | 2022/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる