fc2ブログ

『星と怖い神話』プラネタリアTOKYOドーム1

◆『星と怖い神話』プラネタリアTOKYOドーム1
五つ星評価で【★★★ハードが凄く魅力的だがソフトは弱いかもしれない】
厳密には「映画」ではなく「プラネタリウム」。ただ「映写」である事には変わりはない。
旧「日劇東宝・日劇プラザ」跡地に作られたプラネタリウムで、「怖い絵」の中野京子氏のコラボ企画が行われており、前々から見たかったのだが、適当に「えいや」と立寄るといつも満席になっており、諦めていた。今回、「えいや」で立寄ると、早い時間だったからか、かなり空き席があるようなので、立寄ってみた。
外観(エレベータ・フロアから見た劇場)ムチャクチャおしゃれ。ちょっと本当にゴミ虫みたいな俺がみたいなネガティブが沸きあがってきてゲロ吐きそうになるくらいのオシャレさよ。だが、そんなオシャレでも「銭づら。銭を払えばいいづら」とジョージ秋山先生に心を売って入ってきました。
プラネタリウムなので、「劇場」とは言わず「ドーム」と言う。敷地内に二つのドームがあり、別の作品を上映している。ソフトが40分くらいで、同一料金で椅子席とマット席があり、100人は入れないくらいか(きちんと調べてません)。かなり席間を広く取った配置で快適じゃん。比べるのはおかしいが、カプセルホテルよりも広大でステキよ。ハイジが駆けまわるアルプスくらいの広さはあるみたいな印象(あくまで印象で調べてません)。値段は一般1600円。ちょっと長さから考えると高いが、まあ設備使用料と思えばIMAX3Dとかよりは安いし、この席に座った時のワクワク感は一回目の体験としてはオススメできる。そう言えば昔の東京アイマックスシアターの超巨大スクリーンにも驚いた。あれは4回吹き抜けの高さによるものだったが、今回のドームはスクリーンが一面天上。どちらにしても視界の全てをスクリーンが遮ってしまう事には変わりない。これはよい。という事で、入って天井見上げた時点で映ってるデモ映像の壮大さに、ハードに全幅の信頼を置いてしまった。
問題はソフト。東京アイマックスシアターも最初はソフトがオリジナルでよくなかった。
で、今回の『星と怖い神話』。うーん、悪くはないが、絶賛するほどではない。
星座とギリシャ神話を紐付けて、名画を紹介しながら「怖い話」をする。中々、よく出来ている。でも、一応どれも聞いた事があるような話ではある。絵解き解説してくれるから面白いは面白いけど。しかし、現代日本に住んでいるので、肉親同士が殺し合うみたいな話は、とても「怖い話」になってしまう。『鎌倉殿の13人』に構造的に似てるのかもしれないが、まあ、子供、食べちゃったりするので、ギリシャ人の方がヒドいな。
中野京子先生とミッツ・マングローブが会話形式で解説してくれる。中野京子先生は素人なのでちょっと声が聞き取りづらい。ミッツは顔が出ないで、声だけ聞いていると中々のイケボである。ちなみにイケボは「イケてるボイス」であり「池袋慕情」ではない。ここが笑い所だぜ(そうでもない)。
ソフト的には視界の全面を覆うような効果の映像や動画は大変、面白いのだが、絵画紹介になるとちょっとワクを作られて巨大感が鈍ってしまうのは残念だった。映像の面白さとかは予告編のデモ映像なんかの方が面白い。
イス席とマット席はスケベ椅子よりぬるぬるマットが好きなので、もとい、マット席の方が天井直視できそうなのでマット席を選択。椅子席どんなんなんかはもう一回体験して見たいではあるな。

今回見た『星と怖い神話』。ああもうこれを見たらセーラーヴィーナスが可哀想で可哀想でたまらなくなってしまう。あんなふうに「セーラーV」とかポーズをしてても、その正体はチ〇コから出た泡だったなんて。じゃあ、もしかしたら俺もチ〇コ持ってるから美奈子と親和性強いかもしれない。そんな事を言ってはいけない。


【銭】
一般入場料金1600円。
スポンサーサイト



プロフィールだ

fjk78dead

Author:fjk78dead
ふじき78
映画を見続けるダメ人間。
年間300ペースを25年くらい続けてる(2017年現在)。
一時期同人マンガ描きとして「藤木ゲロ山ゲロ衛門快治」「ゲロ」と名乗っていた。同人「鋼の百姓群」「銀の鰻(個人サークル)」所属。ミニコミ「ジャッピー」「映画バカ一代」を荒らしていた過去もあり。

最新記事だ
検索できるんだ
最新コメントだ
最新トラックバック(直結)だ
俺のリンク集
カテゴリだ
月別アーカイブ(タブ)
カレンダー
10 | 2022/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる