fc2ブログ

『野球どアホウ未亡人』シネマ・ロサ1

◆『野球どアホウ未亡人』シネマ・ロサ1

▲ポスターはあえて昭和なのだけど、映画の空気は割と平成以降の薄い空気な感じ。

五つ星評価で【★★★★やり切ってる空気が好き】
ツイッターでの最初の感想(↓)

嘘をつく時でも胸を張って堂々と嘘をつけみたいな姿勢にちょっとやられる。

野球映画の筈なのに、ポジションがピッチャーとバッターしか出てこない謎の映画。いや、そもそもバッターはポジションじゃないし。野手はともかくキャッチャーがいないのが凄い。しれっと審判がキャッチャーミットを持って投球を捕球してる。しかも、その審判は女性投手を見定めに来たスカウトなのだ。人がいないにも程がある。

未亡人なのにエロくならないし。いや、普通、エロくなるだろ「未亡人」だったら。いとおしそうにボールをさするとか、バットを股間に挟んでみるとか一切なし。喪服を着ないから未亡人エロ映画の風上にも置けないって、未亡人エロ映画とはどこにもうたってないからしょうがない。いや、未亡人の森山みつきも、その義理の妹の井筒しまも、もちっとエロくてもいいのよ。でも、どちらもちゃんと綺麗に撮られているのは演出サイドの愛を感じる。女性二人とも役どころとして知性を感じないのは演出サイドの願望を感じる。エロはないけど、二人とも理不尽にやられ放題だもの。

スポーツをする老人の男って、どこかいかがわしい。それを全力で体現しているのが藤田健彦。仕事でも愛でもなく、スポーツに傾倒するのは、スポーツが体育会系に位置する事もあって気持ちサイコパスと通じるものがありはしないだろうか。星一徹なんて、息子の腕を再起不能にして何をやりたかったのか。理屈よりも情。普通の人と何を大事にするのかと言う観点が違ってる気がする。だから、ロマンポルノ『濡れて打つ』のコーチみたいに「腰だ、この腰を鍛える為には、(ぬっ)(はっ)」みたいな方向に進んで欲しかった。そんなんばっかだな、俺。

未亡人の夫、秋斗はちょっと柳憂怜っぽいかも。

変な映画だけど、ラストとか絵も綺麗だし、カタルシスもちゃんと解消する。終わり良ければすべて良しにやられた感もあり。


【銭】
シネマロサ水曜1200円。
▼作品の概要はこの辺り見てください。
野球どアホウ未亡人@映画.com
スポンサーサイト



『TALK TO ME トーク・トゥ・ミー』丸の内ピカデリー2

◆『TALK TO ME トーク・トゥ・ミー』丸の内ピカデリー2

▲腕のオブジェが如何にもありそう。

五つ星評価で【★★★上手い事考えるなあ】
腕のオブジェ、儀式のそれらしさ、儀式中の目の表情が人のそれでなくなる所が秀逸。
作りとしては心霊物で、それは最後まで貫かれている。うん、心霊物でいいのだろう。
だが、これはあくまで主人公目線で描かれている解釈であって、第三者から見たらドラッグやアルコールのバッドトリップにイベント参加者全員が関わっているように見えそう。イベント参加者間でも、それぞれ霊に憑依された者がどう感覚を共有しているのかは意外と分からない。トリップ時間が短いところから、ダウナー系よりはアッパー系ドラッグを回し飲みしている状態に非常に近い。これで中毒者や被害者が発生してしまった場合、その被害者の肉親に何が起きたのかを説明する事は非常に難しい。検出されないドラッグと何ら違いはない。
用量・用法をちゃんと守れば危険性はないかもしらん、みたいなのは信じられそうでおもろい。出てくる霊障が悪魔でなく悪霊という土着っぽいのもいい。オーストラリアはヨーロッパよりキリスト味が薄いのだろうか。自分とこ(=日本)に似てる霊の方がリアルで怖い。霊の世界では人間も獣も根のところで繋がっているってのもとても日本と近い。

でっかいポスターの手のオブジェに日本語で「あなた」と読める。理由も不明だけどドキドキする(多分、ブログの画像では角度か大きさかどちらか分からないけど読めないと思う)。


【銭】
ピカデリー前回有料入場割引1400円。
▼作品の概要はこの辺り見てください。
TALK TO ME トーク・トゥ・ミー@映画.com

『傷物語 こよみヴァンプ』109シネマズ二子玉川4

◆『傷物語 こよみヴァンプ』109シネマズ二子玉川4

▲絵の美しい事。

五つ星評価で【★★なげーが欠けてる部分も多い】
中編三本連作の『傷物語』のリメイクもしくはリビルドかと思って、見に行ったら三本を取りまとめて一本にした総集編だった。ちなみに、

旧作
『傷物語Ⅰ 鉄血篇』 2016年1月8日公開 64分
『傷物語Ⅱ 熱血篇』 2016年8月19日公開 69分
『傷物語Ⅲ 冷血篇』 2017年1月6日公開 83分
新作
『傷物語 こよみヴァンプ』 2024年1月12日公開 144分

3時間36分から2時間24分へ。1時間12分カットした事になる。それでも長いし、そこをカットしたのかと言う不満もある。元々テンポのいい話ではないが、短尺なので旧作は飽きなかった。それにしても画力が凄い。全くと言って妥協のない画力。
旧作を知らない一見さんは普通に満足できる気がする。物語が展開する上での積み忘れはない。これで理解できる。旧作を知る人間としては、阿良々木くんと羽川さんの甘酸っぱくて恥ずかしい交歓シーンが大きく取り外されたり、三人の敵の出自が切られたりみたいなのが気になる。なくても困らないし、あるとこっ恥ずかしかったりもするのだが、そういう部分がキャラクターに深みを与えている。阿良々木くんが葛藤なく戦うだけの人みたいになってしまった。
結論、努力は認めるが前三作の再公開で良かったんじゃないだろうか? あーでも羽川さんのパンツのビジュアルへの傾倒は見直せてよかった。あんなんエロ本の中でしか見かけんようなパンツで、ステキじゃ。


【銭】
一般料金2000円。
▼作品の概要はこの辺り見てください。
傷物語 こよみヴァンプ@映画.com
▼関連記事。
傷物語 Ⅰ 鉄血篇(一回目)@死屍累々映画日記・第二章
傷物語 Ⅰ 鉄血篇(二回目)@死屍累々映画日記・第二章
傷物語 Ⅱ 熱血篇@死屍累々映画日記・第二章
傷物語 Ⅲ 冷血篇@死屍累々映画日記・第二章
・傷物語 こよみヴァンプ@死屍累々映画日記・第二章

『シャクラ』トーホーシネマズ日比谷6

◆『シャクラ』トーホーシネマズ日比谷6

▲ドニーさん。

五つ星評価で【★★★アクションすげー】
ツイッターでの最初の感想(↓)

ドニーさんの新作。なのにTLに全く上がってこない。劇場数少ないからか?百人組手だらけで凄い。カンフーはいいけど話はダレダレ。

ともかく冗談のように強いカンフー・アクションが素晴らしい。だけど話が退屈。急遽謂れのない嫌疑をかけられ追放されるドニーさん。嫌疑を晴らす為に調査を始めると調査対象が次々と殺され、その嫌疑も背負い込んでしまう。もう、ドニーさんが善人すぎてたまらない。そこまで善人だとバカだろうみたいな善人。イライラが逆に募ってしまう。
まあともかく延々とやり続ける百人組手は素晴らしいとしか言いようがない。タイトルの「シャクラ」は見終わっても何だか分からず。


【銭】
火曜日トーホーシネマメンバーズデーで1300円。
▼作品の概要はこの辺り見てください。
シャクラ@映画.com

インフルエンザのワクチン接種2023

2023年の年末に行く予定だったが頓挫して2024年1月11日木曜日にいつものクリニックに行って「いつもの」と言って打った(「言って」は嘘)。
打ち終わった看護婦さんが話してくれた注意点は二つ。
① 注射跡を触らない事。
② 高温の長風呂やスポーツなど血圧が上がるような事は避ける。

②について「じゃあセックスとかもダメですねえ」と看護婦さんにセクハラ決めたいが決められず。リアルでは普通に意気地なしなんだからと言うよりモラリストだからしょうがない。そして、その日が数千年に一度のモテ日という事もなかったし、「一目惚れしました。ちょっとそこでセックスしていきましょう」という美女が現れる事もなかったし、千年ばかし時空のはざまを放浪してセックスしたくてしたくてたまらないアマゾネス軍団に出会ったりする事もなかったので、血圧が上がるような事はしないで眠りについた。泣いて、泣いてなんかいないってばあ(常態だから泣けない)。

『劇場版 SPY×FAMILY CODE: White』トーホーシネマズ池袋10

◆『劇場版 SPY×FAMILY CODE: White』トーホーシネマズ池袋10

▲お気にのトバリさんのスチールがない。

五つ星評価で【★★★★全然面白い。バリバリ及第点】
ツイッターでの最初の感想とネタ(↓)

おもろい。そこまで下ネタで押して来るとは思わなかった。神様すてき。ヨルさんやトバリのアクション大画面で見れるのはお得。/
「今、話題の映画ってあれだな。スポーティースパイとかジンジャースパイとか出る奴だろ」
「それスパイス・ガールズな」


面白いだろ。充分だろ。「まだまだ」とか感想書いてる人、基準高すぎだろ。
まあ確かにあそこまで中央にドンと下ネタ持ってくるのは引いてないとは言わんが、あの絵の奇麗さがステキだったから許す。映画の中で一番奇麗な絵があの脳内キシキシ言いながらのファンタジーで、そういうの「逆にいてまえ」と突き進むのステキだと思う。
敵のラスボスがいけ好かないけど、冷酷かつ優秀な人物である事をちゃんと伏線張っておくのよい。そのボスの子分の声が中村倫也と賀来賢人、どっちがどっちかは分からんが手馴れていてよかった。
話に入る前にちゃんと登場人物の紹介入るのも親切で嬉しい。

脚本が大河内一桜って『機動戦士ガンダム 水星の魔女』とかで、主人公達をとことん追い詰めるシナリオライターじゃん。それを考えると、家族三人とも無事に生還できたのは奇跡のよう。


【銭】
水曜日トーホーシネマズデーで1300円。
▼作品の概要はこの辺り見てください。
劇場版 SPY×FAMILY CODE: White@映画.com

『マーティン・エデン』『博士と狂人』『mid90s ミッドナインティーズ』『マイ・バッハ 不屈のピアニスト』『ファヒム パリが見た奇跡』『WAVES/ウェイブス』ギンレイホール

古い昔の書きかけ感想鎮魂祭(2020年頃らしい)
ギンレイホールで観た映画の感想特化。

◆『マーティン・エデン』ギンレイホール

▲イケメンよのう。ちょっとミノタウロスっぽいかも。

五つ星評価で【★★★しんどい人生の前半と後半をドッキング】
若い時は金と学がなく、育ちのいいお嬢様にヒエラルキー無視の恋愛をし、あなた方みたいになりたいのですとピュア発言をしてヒエラルキー上層から笑われて、煙たがられて、その中で唯一得た「友」により、望まぬ形で富と名声を得る。ピュアで形而上で、身体だけが傷付くような恋。得た富と名声により、ヒエラルキー上層の中身が空虚な事を知り、さりとて、彼自身も種類の違うダメ人間である事を自覚する老境。二つの時代のどちらも両極端に満足がないのが痛々しい。唯一、たまに挿しこまれる彼の作品の脳内イメージの映像が明らかに異彩を放ってて美しい。
主人公が傷付く事をサディストのように喜んで見つめなければいけないのはキツい。
「絶望の青春」 ってコピーも強くて痛くて半端ないな。
スティール写真の主人公、どのカットもどのカットも果てしなくイケメン。天はたまに簡単に二物を与えちゃうようなケース(役者を通してだけどおそらく作家本人も美形だっただろう)


◆『博士と狂人』ギンレイホール

▲上がマッドがマックスなのに「狂人」ではなく、「博士」役のメル・ギブソン。

五つ星評価で【★★★★唸る】
ツイッターでの最初の感想(↓)

「二人髭」ってタイトルでもOK。メル・ギブソンとショーン・ペンって演技バカ同士。ラスト近くにひっくり返しのカタルシスが乏しいのが残念。

辞書作り映画。メル・ギブソンが家柄の悪いエリート、ショーン・ペンが犯罪者の天才。ショーン・ペンが曰くのある人物を演じるなら面白いだろ。その通り。


◆『mid90s ミッドナインティーズ』ギンレイホール

▲主人公(左から二人目)とスケボー由紀恵もといスケボー仲間。

五つ星評価で【★★★次男くんの青春家族離れストーリー】
スケボー少年が仲間と出会い、仲間に癒され、事故に会ってちょっと成長する話。社会的に認められてないスケボーキッズの集団に入る事で、ダメ出しばかりされている主人公が自立する。自立は家族や家庭との衝突なので痛みが伴う。
ツイッターでの最初の感想(↓)

主人公の家族も仲間もみなそれぞれ欠落を持っているが、それが自分や近くにいる者では埋められないのが切ない。好編。


◆『マイ・バッハ 不屈のピアニスト』ギンレイホール

▲原題は『ジョアン・マエストロ』。「マエストロ」って音楽家に対する尊称で、指揮者を指す言葉ではないのね(この映画の主人公ジョアンはピアニスト)。

五つ星評価で【★★幸せじゃないだろうけど、納得できそうな人生】
ブラジルのハッスル爺さんピアニストの無茶苦茶人生。笑える映画でもないけど、殊更に泣かせようって映画になってないのは好感持てる。別に責めはしないが、この人の怪我は全部自責だから褒めるのも違う気がする。功罪で見てしまうのが間違いで、この人自身が納得しているならば人生的にはそれでいいのだろう。


◆『ファヒム パリが見た奇跡』ギンレイホール

▲白塗りだけしたらそのままハンプティ・ダンプティをえんじられそうなド・パルデュー。

五つ星評価で【★★★特に】
実話。ラストに実話の人物の本物の写真とか映ると落胆が大きいのだが、この子は本物も美形。あとドパルデューがマジにまん丸になってマンガのデフォルメされたキャラみたいだ。


◆『WAVES/ウェイブス』ギンレイホール

▲映画の事はほぼほぼ覚えてないが、この兄ちゃんの髪形はニューヨークの嶋佐っぽいと思う。

五つ星評価で【★★★特に何の感情が揺さぶられる事もなかった。】
時限爆弾みたいな家族に傷つき、人との労りあいで少しずつ回復してく様子はホッとする。音楽推しの映画だが、あまり肌に合わなかったようで、ピンと来なかった。

▲映画の事はほぼほぼ覚えてないが、スチール写真のこのケツはええのう。


【銭】
『マーティン・エデン』+『博士と狂人』:会員証で入場。
『mid90s ミッドナインティーズ』:会員証で入場。同時上映の『ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー』は未鑑賞だが時間都合で断念。悔しい悔しい。
『マイ・バッハ 不屈のピアニスト』:会員証で入場。同時上映の『海の上のピアニスト イタリア完全版』は鑑賞済&時間都合で断念。
『ファヒム パリが見た奇跡』:会員証で入場。同時上映の『ハニーボーイ』は未鑑賞だが、躊躇してるうちに見損なった。
『WAVES/ウェイブス』:会員証で入場。同時上映の『その手に触れるまで』は見た筈だが全く記憶がない。
▼作品の概要はこの辺り見てください。
マーティン・エデン@映画.com
博士と狂人@映画.com
mid90s ミッドナインティーズ@映画.com
マイ・バッハ 不屈のピアニスト@映画.com
ファヒム パリが見た奇跡@映画.com
WAVES/ウェイブス@映画.com

コナン関連記事リンク▼

▼関連記事(コナン関係)。
①・名探偵コナン3D@死屍累々映画日記・第二章
②・名探偵コナン 漆黒の追跡者@死屍累々映画日記・第二章
③・名探偵コナン 天空の難破船@死屍累々映画日記・第二章
④・名探偵コナン 沈黙の15分(クォーター)@死屍累々映画日記・第二章
⑤・名探偵コナン 11人目のストライカー@死屍累々映画日記・第二章
⑥・コナン・ザ・バーバリアン(1回目)@死屍累々映画日記・第二章
⑦・コナン・ザ・バーバリアン(2回目)@死屍累々映画日記・第二章
⑧・名探偵コナン 絶海の探偵@死屍累々映画日記・第二章
⑨・ルパン三世 vs 名探偵コナン THE MOVIE@死屍累々映画日記・第二章
➉・名探偵コナン 異次元の狙撃手@死屍累々映画日記・第二章
⑪・名探偵コナン 純酷の悪夢@死屍累々映画日記・第二章
⑫・名探偵コナン から紅の恋歌@死屍累々映画日記・第二章
⑬・名探偵コナン ゼロの執行人@死屍累々映画日記・第二章
⑭・名探偵コナン 緋色の不在証明@死屍累々映画日記・第二章
⑮・名探偵コナン 緋色の弾丸@死屍累々映画日記・第二章
⑯・名探偵コナン ハロウィンの花嫁@死屍累々映画日記・第二章
⑰・名探偵コナン 灰原哀物語 黒鉄のミステリートレイン@死屍累々映画日記・第二章
⑱・名探偵コナン 黒鉄の魚影(サブマリン)@死屍累々映画日記・第二章
⑲・名探偵コナン vs. 怪盗キッド@死屍累々映画日記・第二章

『名探偵コナン vs. 怪盗キッド』イオンシネマシアタス調布1

◆『名探偵コナン vs. 怪盗キッド』イオンシネマシアタス調布1

▲シルクハットが似合う日本人ってリアルでは見た事ないぞ。

五つ星評価で【★★★★充分面白い】
ありもののコンテンツで儲かると思ったらもう止められないと言う、何かさもしいって言えばさもしいし、あさましいって言えばあさましい話なのだが(作品の内容が、ではなく、作品周辺の環境が)、トータルみんな喜んでるからいいんじゃないか、というスタンスです、私は。ただ、コナンガチ勢だけが「新作部分がない」「こんなんは基礎も基礎」みたいにあらぶってゴネてる印象。ええやん、ええやん、素人でも何でも新しい血を取り込まないと衰退していくぞ。

で、コナン冒頭の自己紹介ナレのキッド版ってのが目新しかった。「蘭姉ちゃん」と思ったら違うし。

時計台のエピソードと、鈴木財閥との一騎討みたいなエピソードくっつけて一本にしてるが、鈴木財閥のエピソード、どのカットもキャラに妙に影を背負わせてるのは何でだろう? ちなみに私は「その子」のファンです。あのダメ女な所がそそる。


【銭】
イオンシネマは55歳からシニア扱いで1100円。
▼作品の概要はこの辺り見てください。
名探偵コナン vs. 怪盗キッド@映画.com
▼関連記事。
コナン関連記事リンク▼@死屍累々映画日記・第二章

『エクスペンダブルズ ニューブラッド』イオンシネマシアタス調布7

◆『エクスペンダブルズ ニューブラッド』イオンシネマシアタス調布7

▲放射能を大量に浴びたスタローンが巨大化、中量浴びたステイサムと浴びてない消耗品軍団で殲滅みたいな映画が見たい。

五つ星評価で【★★★問題はキャスティング】
今時、なかなか戦争映画も難しい御時世なので、ドンパチやってくれるだけで拍手を送りたいのだが、なんかつまらない。「エクスペンダブルズ」って、主役級のアクション映画俳優に客演してもらう一発屋芸人集合イベントみたいないかがわしさが良い映画なのだが、今回は弾切れ状態。
中央に据えるスタローン、ステイサム、ラングレンはいいけど、他が小粒。
トニー・ジャーとイコ・ウワイスはいい仕事をしていたが、アジア系№1のジェット・リーを凌ぐ事は出来ないし、どちらもまだ若い。ミーガン・フォックスは筋が違うし、50セントは日本で一つも映画当たってないだろう。シュワちゃんやブルース・ウィリスなんかの穴は確実に埋まっていない。
で、ワチャワチャ軍事行動を取るのは楽しいだけど、ガン・アクション主体だから、その人がキャスティングされた事による映えが少ない。

第一の事案でステイサムが仲間のために持ち場を離れた件、持ち場を離れなければ「冷たい奴」扱いされたろうし、なまじっかその被害者を助けられでもしたら、トータルの計画が崩れるって、タチの悪い仕組みとしか言えない。あと、ミーガン・フォックスが野郎すぎて惹かれない。あれで分かれないのは凄いセックスしそうだよなあとしか思えない。しかし、ステイサム。物凄い経験豊富で全方位無双なのに、家に帰ると何一つ自由にならないって、中村主水味強いな。


【銭】
イオンシネマは55歳からシニア扱いで1100円。
▼作品の概要はこの辺り見てください。
エクスペンダブルズ ニューブラッド@映画.com
▼関連記事。
エクスペンダブルズ関連記事リンク▼@死屍累々映画日記・第二章
プロフィールだ

fjk78dead

Author:fjk78dead
ふじき78
映画を見続けるダメ人間。
年間300ペースを25年くらい続けてる(2017年現在)。
一時期同人マンガ描きとして「藤木ゲロ山ゲロ衛門快治」「ゲロ」と名乗っていた。同人「鋼の百姓群」「銀の鰻(個人サークル)」所属。ミニコミ「ジャッピー」「映画バカ一代」を荒らしていた過去もあり。

最新記事だ
検索できるんだ
最新コメントだ
最新トラックバック(直結)だ
俺のリンク集
カテゴリだ
月別アーカイブ(タブ)
カレンダー
12 | 2024/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる