fc2ブログ

『劇場版ハイキュー!! ゴミ捨て場の決戦』イオンシネマシアタス調布7

◆『劇場版ハイキュー!! ゴミ捨て場の決戦』イオンシネマシアタス調布7

▲ま○この周りに無数の虫みたいなビジュアル。

五つ星評価で【★★★★けんまのあの一言がエロい】
「甘い奴」
「それ、ハイチュウな」

ツイッターでの最初の感想(↓)

普通にバレーの試合見ててこれくらい面白ければいいのに。直接関係ない脇のエピはもうちょっとカットしてもいい。猫と烏のアップが必要以上にリアル。ラストの主観ショットには痺れた。あれは頭おかしい。あとメインアニメーターが桃太郎侍(高橋英樹)。

烏野と音駒の試合登場メンバー一人一人ねっちり描こうとするけど、元々のマンガ作者の絵柄の話だが同一コートで戦う12人くらいが限界で同一人物と見間違える顔がかなり林立する。多分、原作者が男女問わず醜い顔を描かないので、顔のバリエーションが少ない。なのに競技の登場人物が多いので、どうしても同傾向の顔が被ってしまいがち。にも関わらず試合経過を面白く見れるのは被りがまだ局所的であること、そして、アニメのキャラはカリカチュアされた属性持ちなので、本物の人間見てるより全然分かりやすい。あと、顔や容姿が全く同じだとしても声優が違うとちゃんと判別できるかもしれん。声優さんは偉い。

そんなキャラクターキャストが試合界隈でいっぱいいっぱいなのに、脇にいる人物が説明もなしに多いと思う。試合経過や選手の心情予測を会場に来てない他チームに語らせるとかいらないと思う。音駒の監督は出ずっぱりだが、烏野は教師、コーチ、3年マネージャーがほぼお飾り状態。主要な女性キャラは烏野のマネージャー二人と音駒の応援二人と烏野の応援一人。この応援の三人がどっちがどっちだか最初かなり混同した。マンガやアニメを原典と考えるなら、セレクトに関して、かなり一見さんに不親切な状態(私、一見さんでないがかなり誰が誰で苦しめられた)。

メインアニメーターの名前が高橋英樹なのは個人的には受けた。原画や動画を遅れて持っていくと、数え歌を歌いながら、粛清されてしまうのだろうな。


【銭】
イオンシネマ有料入場6回分で無料入場。
▼作品の概要はこの辺り見てください。
劇場版ハイキュー!! ゴミ捨て場の決戦@映画.com
劇場版ハイキュー!! ゴミ捨て場の決戦
▼関連記事。
ハイキュー関連記事リンク▼@死屍累々映画日記・第二章
スポンサーサイト



プロフィールだ

fjk78dead

Author:fjk78dead
ふじき78
映画を見続けるダメ人間。
年間300ペースを25年くらい続けてる(2017年現在)。
一時期同人マンガ描きとして「藤木ゲロ山ゲロ衛門快治」「ゲロ」と名乗っていた。同人「鋼の百姓群」「銀の鰻(個人サークル)」所属。ミニコミ「ジャッピー」「映画バカ一代」を荒らしていた過去もあり。

最新記事だ
検索できるんだ
最新コメントだ
最新トラックバック(直結)だ
俺のリンク集
カテゴリだ
月別アーカイブ(タブ)
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる