FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

共通テーマ「ブログに悪口書いたことありますか?」に釣られて、意識的に悪口を書いてみる気持ちになったので、ぜひ、それを怒ってくださいと懇願する男ふじき

ブログ上に意識的に悪口を書くつもりは基本的にはない
(ごくマレに理性吹っ飛んで「いてまえ」みたいなケースはある)。

基本的にはないのだが、
セクハラと同じでこれは受け止める方の気持ち次第な部分があって、
悪口と受け止められてしまう事がある。

その悪口に対して、怒られてしまう事もあるが、
なかなか人様が覗きに来てくれないような過疎地なブログなので、
書かれた本人から怒られるような事はまずない。
ファンの人とかが代理戦争的に激怒したりするのである。

ああそうだなあ。

どうせ怒られるなら本人から怒られたいなあ。
しかも、優しく、執拗に、痒いところに手が届くように、
怒られてみたいもんだ
(この時点で「怒られて」から逸脱してる)。

上手く怒ってもらえない時には
「怒り方がなってない!」とか、逆に怒り返したりする。
 怒り、怒られつつ という対等な関係性を築いていきたい。
映画『乱暴と待機』の予告で言っていた、
「永遠の愛は信じられないけど永遠の憎悪なら信じられる」
そんな関係になれればベストかもしれない。

さて、誰の悪口を書いたものか。

こういう時、悪口を言う一番簡単な相手は、内閣総理大臣とかだけど、
管さんと憎悪でずっと拘束されあう関係なんて、
ちょっと勘弁してもらいたい。
一方的に怒られそうでもあるし。
少なくとも優しく怒って貰えそうにない。
いや、優しく怒る管さんはそれはそれでとても怖いけど。

うーん、うーん。
目指すはこの悪口を機に
なんか有名人なギャルと、いい感じで憎悪しあうような
関係性を築くことだけど、そんな不純な動機はさておいても
別に悪口を言うようなことが思い浮かばない。

割と育ちがいいのかな。

ああ、もういい加減長くなってきたから、
この辺で終わらせる為にも
スパっと悪口を書きたいんだけど。
そもそも「悪口」が何かもわからなくなってきた。

【悪口】
仏語。十悪の一。人をあしざまに言うこと。また、その罪。

そうですか。人をあしざまに言えばいいんだな。
わかった。
じゃあ、対象はケンタッキーの新しいCMで
カーネル・サンダースの扮装も披露してる綾瀬はるか。

「仕事を選べよ。こんな仕事して、
 全国で爺が好きな男の子が激増したらどうするつもりだよ!」


悪口になってないか?
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/1627-a418595d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)