FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『オカンの嫁入り』をパルコ調布キネマで観て、あおいちゃんに萌え萌えふじき☆☆☆☆

五つ星評価で【☆☆☆☆だって、あおいちゃんがかーいーじゃん】
  
  
如才ないホームドラマ。

『阿寒の嫁入り』なんて言うからね、
大竹しのぶがマリモッコリのコスプレで披露宴あげたいと言い出して、
あおいちゃんが困るみたいな映画かと・・・・・・

ふじきさん、のっけから嘘ですか。

『キラー・カーンが嫁に入って来て』だっけ。

ふじきさん、嘘の連続ですか。

いやいや『悪寒の嫁入り』だから、難病物でしょ。

ふじきさん、それはそうなんだけど、そんなに上手くはないよ。
とりあえず、それについては宣伝戦略の間違いだと思うなあ。
バリバリ宣伝に載ってるから一応、ここでもネタバレ表記なしで
書いちゃうけど、病気については知らない方が楽しめたと思うなあ。
映画自体がその事を知らない方が楽しめる構成だから。

さて、宮崎あおいと大竹しのぶの親子が素晴らしい。
本当に親子にしか見えない。
いるいる、こんな凸凹親子(それでいて親密)。

大竹しのぶが母親だからって『ヌードの夜』じゃないのさ。
連れて来る男が竹中直人だったらもっとやだな。
でも、母親が連れて来る桐谷健太(「BECK」のボーカルだ!)が
ふざけた外見にも関わらずなかなかいい奴で、
大竹しのぶが彼の事を「ヘラヘラしてていい」って誉める。
あの誉め方がいいなあ。
伊達に人を殺して風呂場で解体してないよ、ってそれは別の映画。

で、宮崎あおいがいつも怒って拗ねて駄々をこねてる。
可愛い。
童顔で小学生みたいだ。
ホルマリンで保存したい。
いや、それは違う。

みんながちょっとずつ問題を克服する
こういうちっちゃいドラマは割と好き。


【銭】
パルコ調布キネマ会員制度の3回有料入場で次回無料で0円鑑賞。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
オカンの嫁入り@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期トラックバックを付けさせて貰ってます。お世話様です。
オカンの嫁入り@LOVE Cinemas調布
オカンの嫁入り@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP
オカンの嫁入り@京の昼寝
オカンの嫁入り@映画的・絵画的・音楽的
オカンの嫁入り@カノンな日々


PS 特別講義『オカンの嫁入り』をケータイ小説でノベライズするにはこうしろ!
 「私、この人と結婚する」
 大竹しのぶは林泰文を連れて来た。
PS2 おばあちゃんが「宇宙人に会いたい」とか
 「合気道でバタバタ二十人くらいの男を薙ぎ倒している
 最中のスティーブン・セガールに会いたい」とか言ったら
 いったいどうしたんだろう?
PS3 大変、失礼なんですが、
 大竹しのぶさんはラゴンとウィレム・デフォーに似てると思います。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/1806-3519e728
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)