FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『雷桜』をユナイテッドシネマス豊洲6で観て映画はともかく蒼井優がいい男ふじき☆☆

五つ星評価で【☆☆長い】
  
  
映画そのものは長くて退屈。
なんであんな尺が必要なの。
切れよ、プロデューサー。
それが仕事だろう(直接切らんでもダメ出しをしろ)。

ただ、始終出ずっぱりで納得のいく演技を披露する蒼井優と
相変わらず不幸なお父さん(今回は育ての親)柄本明の
ピンポイント一点に集中した壮絶な演技にはうならされる。

いまや日本の母親役選手権世界一の宮崎美子も
蒼井優の産みの親役で出てる。

つまり、『悪人』の夫婦が
ロミオとジュリエットの両側に配置されていて、
本当の悪人の世話を焼くと言う構造で、
そんな中、ジュリエットの兄は『風が強く吹いている』
ただただ愚直に走ってる、そういう映画な訳でした。

あ、ピーターが気持ち悪い侍役を好演。
あれで、案外ちんことかでっかそう
(モンティパイソンかよ!)←微妙。


【銭】
いろいろあって、キャンペーン価格で1000円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
雷桜@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期トラックバックを付けさせて貰ってます。お世話様です。
雷桜@Akira's VOICE
雷桜@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP
雷桜@京の昼寝
雷桜@労組書記長社労士のブログ
雷桜@狂人ブログ
雷桜@LOVE Cinemas調布

PS 柄本明のあの演技だけ切り抜いて、演技教本として別パッケージで
 売ったら売れるかもしれない。
PS2 里に下りてからの蒼井優の「遊」という名前は、
 いてもいなくても誰も困らない「あそび」って解釈すると実に皮肉なネーミング。
PS3 どうせついでに時任三郎には誰にでも彼にでも
 「私にはあなたの言っている言葉の意味が全く分かりません」と
 言い続けてほしかった。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/1856-2b616d52
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)