FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『闇の列車、光の旅』をギンレイホールで観て、ふーんふじき☆☆☆

五つ星評価で【☆☆☆いいけどそんなにズバンと来ない感じ】

メキシコからアメリカへ列車に無賃乗車して渡る不法移民の少女と、
群れから追われる少年ギャングの一瞬の出会いと分かれ。

ギャングが怖い。
こういうのはギャングが怖くなくっちゃ面白さが半減だ。
ともかく、顔一面に刺青なんか入れるなよって怖さがたまらん。
あの痛さの誇示が、組織としての強さの現われなんだろう。
主人公の少年が受けるあらゆる仕打ちが組織の中で合法なのが痛い。

犬に食わせちゃうという命の安さにも驚いた。

「闇の列車」の列車は少女を運ぼうとする少年であり、
「光の旅」の光は「石田ひかり」もとい「太田光」もっともとい、
見えないほど微かな希望であっても、それは光なのだという、
なんかとってもいい邦題だ。

少年が少女だけは可能性のある土地に届けたいと
自分の思い出を躊躇なく手放す潔さがかっこいい。

とか、色々いいシーンが思い起こせるのに、
物凄くぐっと来なかったのは何でだろう?
テンポとかかな? とりあえずフックが多いので観て損はない映画。



【銭】
ギンレイホール、会員証で入場。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
闇の列車、光の旅@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期トラックバックを付けさせて貰ってます。お世話様です。
闇の列車、光の旅@映画のブログ
闇の列車、光の旅@LOVE Cinemas調布
闇の列車、光の旅@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP
闇の列車、光の旅@映画的・絵画的・音楽的

PS 『闇の列車、光の旅でアンストッパブル』だ! 燃えるぞ!
PS2 主人公の男女がキムタクと黒木メイサだったら、
 メイサはアメリカでキムタクの××を××に違いない。
 ああ、そんな映画じゃないのに、そんな事を書いてしまった。
PS3 メキシコの人、日本の電車の上に乗っちゃダメよ。感電するから。
PS4 『北国の帝王(列車の上の無賃乗車映画)』と
 『ウォリアーズ(元祖不良集団映画)』がスクリーンで観たいなあ。
PS5 手作り拳銃が怖い(リアル)。
 『新・必殺仕置人』かよ!
PS6 原題は「名もなき者」みたいな題らしい。
 『ミスター・ノーバディ』か。
 あれは、何も持ってないガンマンの若者が名人に戦いを挑んで、
 人生の大逆転を目指すみたいな映画だった筈だけど(あいまい)、
 そうすると、実はスマイリーこそが映画の主役であり、
 後、5分映画が長かったら、ラストに
 「これが初代マラ・サルバトゥルーチャ統括総長スマイリーの初めての仕事だった」
 とかナレーションが付いたかもしれない。
 明らかに嘘な無駄口だが、映画構成的にはそれもかっこいいかと思う。
 違う映画になっちゃうけど。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/2000-3c0a4bac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)