FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『鬼神伝』をユナイテッドシネマス豊洲11で観て、真面目が必ずしもいい訳ではないのだなふじき☆☆

五つ星評価で【☆☆一生懸命作ったのは分かるが後半冗長】

萌えない。

いや、それは一番大事な要素ではないけれど、
そこそこ大事な要素なのだ。
つまり、キャラクターに没頭できるかどうかと言う点だから。

なんかキャラがみんなやな感じなの。
なんでだろう。
「キャラがみんなやな奴に感じるガス」でも散布されてたんだろうか。

冒頭、平安京での人と鬼との戦いのシーンなどはかなり見せるんだけど、
主人公が出てからが何となくトーンダウン。リアルに注目をひかないキャラだなあ。
例えば同じウジウジしててもエヴァのシンジはアピール度が高く目を引くキャラだ。

という訳で合戦シーンは面白い。

主人公が二つの勢力の間で揺れ動くのも正しい描写だと思う。
でも「正しい」=「面白い」ではない。
「正しくない」ことを「正しくなるように説得する」より、
「正しくない事を糾弾して泣きながら叩き潰す」方がより娯楽だと思う。
そういう主人公の感情への配慮がところどころ抜け落ちてる。
娯楽を表現しようという嗅覚が最後の一線で鈍い映画だった。



【銭】
ユナイテッドシネマ、メンバー割引で1000円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
鬼神伝@ぴあ映画生活
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/2156-0817e0de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)