FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『X-MEN ファースト・ジェネレーション』を109シネマズ木場5で観て、ハンク押しふじき☆☆☆☆

五つ星評価で【☆☆☆☆ツイッターでムチャクチャ高評価だったので、逆にちょっと食い足りない感を感じてしまったけど、これがプロの映画であることは保証する】

おお、面白かった。

ヒーロー物はキャラ設定しっかりしてないとね。

という事でエリック(マグニート)の泣ける設定がビンピン来る。
チャールズ(プロフェッサーX)の性善説に基づきたい人への信頼が裏切られる、
裏切られながらも細い糸にしがみついて信頼し続ける彼の精神の強さがビンビン来る。

お気に入りはハンク。

超天才なのに単に足がイビツという一点で
常にオドオドして挙動不審。
何たる剥き出しのコンプレックス。
そして、彼にやっと仲間ができたと思ったら、
単に足がイビツなだけという、ただそれだけでしかない為に
どうも仲間から軽んじられてしまう。
超天才なのに。
身体は常に彼を裏切り続けるのだ。
そして・・・ここから先は書けないけど、
決着がついた彼が幸せであるとは到底思えない。
今回の物語が終わって、幸福を手に入れた者は誰もいないのだが、
全員が何らかのベクトルを持つか、持つ者に巻き込まれる印象がある中、
彼だけは、もうどうでもいいような印象だ。
多分、彼にとってはもう何もかもどうでもいい事なのだ。
仲間だから、お付き合いはするけれど。
それが無性に悲しい。


「ファーストジェネレーション(最初の世代)」は邦題なのね。
「ファーストクラス(最初の学級)」より、いいタイトルだと思う。

すげえどうでもいい話題でしめよう。

ロシア艦の艦長が松尾スズキに似てる。




【銭】
109シネマズのたまったポイントで観たよ。15ポイントたまってて、6ポイント使って残9ポイント。よいポイント消化でありました。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
X-MEN:ファースト・ジェネレーション@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
X-MEN:ファースト・ジェネレーション@映画のブログ
X-MEN:ファースト・ジェネレーション@Love Cinemas調布
X-MEN:ファースト・ジェネレーション@新・映画鑑賞★日記
X-MEN:ファースト・ジェネレーション@我想一個人映画美的女人blog
X-MEN:ファースト・ジェネレーション@Akira's VOICE
X-MEN:ファースト・ジェネレーション@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
X-MEN:ファースト・ジェネレーション@5125年映画の旅

PS そうだ、そうだ、ケビン・ベーコンも良かった。
 でも、あの能力は、というより能力持ってるのが反則でしょ。
 (ベーコンの連れてるミュータントの能力はみんな後付けなんだろうけど)
 もともとX-MENの能力は反則多いけど。
 一人が二つとか能力持ってるのは良くないよ(羽根女とか)。
PS2 次回作ではチャールズがどこまで禿るかが鑑賞ポイントです。
PS3 『キックアス』もそうだけど、気持ちいいカットと悩みカットが両立してる。
 マシュー・ヴォーン監督は「悩むヒーロー」をコンセプトにした
 マーヴェル・コミックに最も適した人材かもしれない。
PS4 5125年のエメキンさんとこのコメントに書いたみたいに
 「俺はジシャーク」じゃなかったんだな、という。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/2249-3bda8600
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)