FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

共通テーマ「3D映像で見てみたい、あるいは撮影してみたいシーンは?」

痴漢電車。


本音全開だ。
撮っている方が「ここここ、こんな物を3Dで………」って、
そういうオノノキ心理が伝わってこなければメディアとしては
別に2Dでも3Dでもどっちでもいいのだ。

格段、3Dで見えたからどうだって驚きは実はないのだ。
「実はない」事を隠しておかないと産業として成り立たないから
「実はある」という事にされているけど。

なので「驚く」という事は度外視して、3Dで残しておいた方が
資料としていい物という観点の方がいいだろう。
全て3Dではなく、必要な部分のみのパート3Dで充分
(基本、リアル実世界の3Dは度外視して、映像3Dは目に負担がかかる)。

重要文化財を3Dとして映像に取り込む。
アイドルの全身を舐めるように3D映像で取り込む。

「だめだめだめ、そんなとこまで3Dで撮っちゃダメなんだからあ」
こんなやりとりが………起きないよなあ。
アイドルの乳首が立ってる様子とか3Dで撮れれば言う事はないんだけど。

なんか一周回って下ネタまで戻ってきた。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/2431-b4a24697
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)