FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『タナトス』をユーロスペース1で観て、城定節炸裂ふじき☆☆☆

五つ星評価で【☆☆☆もう一歩ラストにカタルシスが欲しかったけど城定は相変わらず安定してる】

ボクシングマンガのドラマ化。原作未読。

まあ、城定監督なら大丈夫だろ。
思った通り、大丈夫だった。
るんるん
城定秀夫監督は今、最もどんな題材を振られてもちゃんと娯楽作品に仕上げる男。
仕上げの完成度から言ったら同じく無茶振りな映画が多い三池崇史より上だと思う。
という事で、なかなか良かった。


主人公の徳山秀典。
『仮面ライダー・カブト』に出てたらしい。
分からん。
こいつの目の荒み方が普通じゃない。
いいよ、いいよ、2、3人殺してる感じだよ。


主人公をボクシングに呼び込む力石的な立ち位置の佐藤祐基。
これも『カブト』に出てたらしい。
へなへなくんかな。
まあ、強くてへなへなで、でも結局強いという難しい役を実直に演じてた。


ヒロイン平愛梨。

いいよ。いいよ。愛梨ちゃんはいるだけでいいよ。
まあ、実際、そんな感じのいるだけでホンワカな役だった(出番は多い)。
よくやってないけど、よくやった。


ラストの新人トーナメントの決勝戦は
理屈を付けた上でちゃんと見せてるのが上手い。

元ボクサーのおっちゃん(梅沢富美男)と素人(平愛梨)を
客席に配置してテクニックの説明をさせる。
罠を仕掛ける方や仕掛けられる方の表情をしっかり描写する。
これがボクシング・マンガの面白さだ。
ケンカではない。野球でもボクシングでも、勝つには勝つ理由がある。
それがちゃんと見れるのはマンガや映画などのドラマメディアだけだ
(リアル・ボクシングはやはり、それなりの「目」がないと分からんでしょ)
ボクシングの戦略、戦術、そして、それを越える所にある意地や資質が
ないまぜになって試合の白熱をリアルボクシングより面白くする。
『ザ・ファイター』のボクシングシーンを評価しないのは
ここに不足を感じてしまうからだ。

ちょっとマンガ題材部分がコテコテで合わん人はいるかもしれんが、
城定監督には頑張ってもらいたいんで、
観る事が出来る人には見に行ってもらいたいです。


【銭】
チケット屋で980円で前売券GET。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
タナトス@ぴあ映画生活

PS 
 ■「タナトス」ってショーン・コネリーが出る奴だっけ
 ▲「?」
 ■「惑星タナトス(精一杯ザルドスっぽい口調で)」
 ▲「どうすればいいか分かんないくらい、つまんない」
PS2 あ、あと、升毅が凄いです。
 あまり、そっちの方向の役という印象がなかったんでビックリしました。
 エンドロールに名前が出ても、あれが升毅だとは分からんかった。
 役者としては、ああいう役は楽しいだろうなあ。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/2458-16d8bbd2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)