FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『DOG × POLICE 純白の絆』をトーホーシネマズ六本木4で観て、何でこんなんにしたんかなふじき☆☆

五つ星評価で【☆☆理念がおかしい】


何でそんな話にしちゃったのか分からん展開がラストにやって来る。
「プロデユウサがねコンナ話にスル言ウテタノヨ」
プロットを脚本家に説明するのにカタコトのバングラデッシュ人
とか使ったんじゃないだろうか?

変なのは主人公の行動と
それをサポートする教育係の行動。

主人公は独断専行がひどくて、言わば、警備犬課に飛ばされてきた形だ。
普通のドラマなら、主人公が良き仲間と手を取って
難事件を解決する方向に向かうのが普通だろう。
そんな事はしない。
最後まで独断専行だ。
犯人確保プロセスにも問題があるし、
爆発物の取り扱いにも問題がある。
犯人確保プロセスで出火し、大事故になる可能性もあったのに
主人公は犯人しか目がいかない。危険なバカだ。

そして彼の行動を諌めなくてはいけない教育係も
彼に影響を受けたかのように独断専行を許してしまう。

駄目だねえ。
ただ「熱い」では済まされないでしょ。

とはいうものの、戸田恵梨香ちゃんは好きだ。
それだけは口を大にして言いたい。
だから、バターと犬と戸田恵梨香、この黄金律で攻めてほしいのよ。


犬屋の面々が凄腕なのに、事情があってスポイルされてきたというのは、
ありがちな設定だが、その設定が何一つとして現場で活きないのも、
まるでわざとそうしてるかのようにダメだ。珍しいね。
カンニング竹山とかうまく使えば凄く生きるのに。
時任三郎、どこからどう見ても海猿のセルフ・パロディみたいな役。


耳のトリックはよかった。


シロは鼻がいい親を持ってるって降って湧いたように出たのは何でだろう。
伏線の一本も張っておけばよかったのに。


あんな警備犬オンリーがダメ出しされる偏向報道はリアルじゃないでしょ。



【銭】
ファーストデイで1000円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
DOG × POLICE 純白の絆@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
DOG × POLICE 純白の絆@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
DOG × POLICE 純白の絆@LOVE Cinemas調布

PS カンニング竹山が脱がなかった事は評価する。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/2475-bec4f195
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)