FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『モテキ』を109シネマズ木場3で観て、これは好きだ女の子が可愛いもんふじき☆☆☆☆

五つ星評価で【☆☆☆☆可愛い女の子が正義だ】


ドラマ版は未視聴。

軽薄なスタイルを隠そうとしない映画なので、
「こんなんを映画とは認めない」みたいに
原映画主義者がVV言っていそうであるが、
まあ、いいんじゃない。
映画館のでっかいスクリーンでカラオケ・テロップが出る異様さは笑えた。
そして、あえてこんな事やりやがって、度胸あるな、と思った。

さて、長澤まさみが可愛いのである。
そんなに可愛いと思った事はなかっただけに。
いやあ、ビックリした。
もう、この映画とカルピスの保育園のお姉さんを
演じる為だけに産まれてきたみたいだ。
もうこれ以上はなさそうだから、天命を全うしてもいいよ。

そして麻生久美子さんがいい演技かますんである。
重い、重いなあ、絶妙の重さだよ。
マンガ的な典型なんだけどリアルな重さ。

中里依紗と真木よう子はドップリではなく、
作品の味を決めながら前に出すぎないスパイスみたいだ。

森山未来うまいな。凄く嫌気がさしそうな直手前のキャラ造形。
ようようなボディー・アクションを観てるとマジ体力ありそうだ。
そしてあのダンスカット。ボーナスゲストが嬉しい。

パンフ見ながら書いてるんだけど、
新井浩文が寺門ジモンに似てきた気がする。
写真だけだろうか。

金子ノブアキが森山未来と一目でカーストが違う事が
はっきり分かるくらいのイケメンという設定なんだけど、
そうでもないんじゃない?
だって、ハローバイバイ関みたいだし。

結論として、話が何もなかったとしても、
この女の子たちだけで、私個人はOKだ。



【銭】
入場6回分のポイントで鑑賞。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
モテキ@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
モテキ@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
モテキ@LOVE Cinemas調布
モテキ@映画のブログ
モテキ@闘争と逃走の道程
モテキ@映画的・絵画的・音楽的

PS ツイッターやってるだけでモテたりするもんか!
 この続きがあるとしたら、ツイッターで浮気しようと思って、
 男にしか見えないアイコンと再び飲みに行ったら、
 今度は本当に野郎で、しかも、家で飲むうちに禁断の・・・
 今度はBLだ! 但し、相手はカンニング竹山とかで。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/2532-d46c88d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)