FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『一命』を渋谷シネパレス1で観て、三池はやる時はやるが今回はやる度80くらいかなふじき☆☆☆

五つ星評価で【☆☆☆こういうゴツゴツした映画は三池の資質に合っている】

瑛太も満島ひかりも貧乏が似合う。
瑛太の生卵のシーンなんて目を覆いたくなる。

瑛太の切腹シーンがいい。
力が入る。
本当に蔭腹でも斬ってるんじゃないかと思える迫力だ。
(ちなみに無意味な3Dではなく2Dで観た)

市川海老蔵、目が強い。でも声はボソボソだ。
確か、オリジナルでは仲代達矢で、こっちもギョロ目だ。
でも仲代達矢の声って通るんだよね。

役所広司、あのビッコがたまらん。
一番、要職にありながら獣みたいだ。
あのビッコのせいで、皮肉にも猿山のボス猿みたいに見える。

竹中直人はどうでもいい。いらんでもいい。

殺陣はコンパクトな分、『十三人の刺客』より良かったと思う。
ただ、ああにしかならない事が分かってる斬り合いは気分が落ちる。

あのラストには違和感ある。


【銭】
渋谷シネパレス木曜メンズデーで料金1000円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
一命@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
一命@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
一命@LOVE Cinemas調布
一命@映画的・絵画的・音楽的
▼関連記事。
切腹(同一原作の映画化)@死屍累々映画日記・第二章
・一命(同一原作の映画化)@死屍累々映画日記・第二章

PS 「武士に二言はない」なら、まず殿様がお目通りしなければならないだろう。
PS2 期待する展開
 ああ、子供がぶつかって瑛太が買った生卵が町娘の胸元に!
 (というか、それじゃ『少林サッカー』か)
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/2556-778872cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)