FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『新少林寺』を有楽町スバル座で観てあれれふじき★★

五つ星評価で【★★間違えてないけど正しくもない】


最初に思ったのは「新文芸坐」みたいな題名だな、という事。
あ、本当、どうでもいい出だしになってしまった。

そして、あの大の男をおいおい泣かす男泣き野郎アンディ・ラウの映画である。
アンディ・ラウと言えば怪作『マッスル・モンク』の主演大スターだ。
ま、まさか、今回は『マッスル・少林寺』なのでは!

ああ、怖かった。

そんな事ないと言うかもしれないが、『マッスル・モンク』の中でも、
ストーリー上はアンディ・ラウがムキムキにならなければいけない理由は
何一つとしてないのだ。それを考えれば、今回だって怪しいじゃん。

さて、何か乗りきれなかった。
夜勤明けで精神が披露していたからだろうか。
アンディ・ラウをメインに据えた話はなかなか唸らされるものがあった。
そして、ジャッキーが出てるシーンは全て好き。
ジャッキー、アクションもいいけど、百姓上がりの柔和な顔立ちが
高潔だけどピリピリしてるアンディ・ラウと好対照で実にいい組み合わせだ。
もっと、この二人の絡みを中心に見たかったなあ。

なんか釈然としないのがアクションとニコラスとラストかな。

アクション見辛い。
演者に近寄り過ぎて、何が行われてるかはっきりしない。
ただ何故かジャッキーだけは見やすかった。
演者の差だろうか。

ニコラス何やりたかったのかが、よく分からない。

ラスト、戦って、戦って、民衆が少林寺を追われてしまうでいいの?

そんな中、ファン・ビンビンだけはどの映画に出ても変わらず美しいのであった。


【銭】
映画の日で1000円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
新少林寺/SHAOLIN@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
新少林寺@LOVE Cinemas調布
新少林寺@新・映画鑑賞日記
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/2618-cb5b66a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)