FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『うさぎドロップ』『マイ・バック・ページ』を三軒茶屋シネマで観て、もふもふバタンキューふじき★★★★,★★★

三軒茶屋の戦前からありそうな映画館でマツケン2本立て。
マツケンはどっちも主役の筈なのに食われまくり。
椅子が昭和映画館椅子で硬くって尻泣きまくり。
そうだそうだ。昔は映画館ってみんなこの椅子だった。
でも、経営大変そうだけど頑張ってる三軒茶屋シネマさんに安直に
「椅子変えろバカ」とかは言えない。
ともかく、つぶれないでね。まずそこから。
大体トイレの清潔具合を見れば、その映画館がどれだけ頑張ってるかは分かる。
映画館のハードを変えるのはお金がかかって困難だ。
出来うる限りのソフト(要は人力)を駆使して努力している映画館は好感が持てる。
にしても、場内、壊れて使用不可になっている椅子が多すぎるかもしれない。


◆『うさぎドロップ』

五つ星評価で【★★★★魔性の女優芦田愛菜が演技しまくる】

マツケンは『DEATH NOTE』のLと『DMC』のクラウザーさんで、
「この人演技できる」票を物凄く獲得してしまったので、
素顔になると、どうも振るわない。
「もしかしたら、この人、演技、下手なんじゃないの」
という疑問を払拭しきれないのだ。
ん、まあ、下手でもいいんじゃない。
マツケンは丹波哲郎みたいに等身大でいいよ。

この映画は魔性の女優、芦田愛菜の第一回主演作品である。

ゾクゾクする。

ヤバイくらいにかーえーよ。


全国でみんな、俺って本当に大丈夫か、と悶絶者が続出した事であろう。

後、何気にいい役者がピンポイントで出てるのは楽しい。

・香里奈(マツケンのシングルマザー仲間)
 どうも『こち亀』で悪いイメージを持っちゃったけど、
 本来はこういうサバサバした兄貴系女を演じれる珍しいモデル女優なんだよね。
・池脇千鶴(マツケンの職場仲間)
 任せておけば心配ない感が半端なく高い。
・桐谷美玲(マツケンの妹)
 最近ブイブイ言ってるんだか、言わせてるんだかしてるけど、
 主役より、これくらいの役の方が似合ってそうとか言うと怒られちゃうか?
 (主役映画観てないけど)
・高畑淳子(ひみつ)
 この映画の中ではこの人の力強い叫びが、凄く好き。
 対立するけど間違っていない存在。
・キタキマユ(マンガ家)
 大事な話の時、喫茶店で注文するのがパフェって演出が効いている。
 いやあ、俺もパフェ食うよ、きっと。
 そういう人種なんだよ。
・綾野剛(ひみつ)
 黒服星人が偽装しているんだな。
・中村梅雀(マツケンの父)
 この人は「許される」役柄を演じたら、天才。
 どんな悪辣非道な事をやっても、観客はこの人なら許してしまうだろう。
 ちなみに今回(というかいつも)、悪辣非道な事はやっていない。

爺ちゃんの娘に対する想いとかのエピソードがもうちょっと欲しかったな。

「お前、バカ」とか言われそうな気がしながらも、
この映画はけっこう好きです。



◆『マイ・バック・ページ』

五つ星評価で【★★★うーん、ブッキーとマツケンとくつなしおりちゃんに星一つずつ】

今一つ、乗れなかった。
何でだろう。

やはり、芦田愛菜ちゃんが出てなかったからかなあ。

そうに違いない。

さて、妻夫木聡くん、上手くなりました。
最後のあのカウンターの演技なんて、たまらんです
(ちなみにクロスカウンターを決められたりしてる訳ではない)
この妻夫木くんの、かっこ悪く不様な様子が絵になる事と。

マツケンのかっこよくあろうとする事がトコトンかっこ悪い事

この二つが対比される。
そして、その対比をつかさどる天秤は忽那汐里

彼女の出番は決して多くないのだけど、
彼女がとてもぶれない一つの基準としてこの映画に位置している事で
この映画は救われたのだと思う。

カワイ子ちゃん石橋杏奈と、
厳しい子ちゃん韓英恵に
映画としてスポットが行かないのは残念だ。
まあ、しょうがないだろう。

1カットだけだけど、全身で「大人=社会」を演じた
三浦友和のふてぶてしさも誉めたい。

PS 「忽那汐里」は「くつなしおり」に芸名変更してもらえないかなあ。
 検索とかで打ち込めないのよ、漢字が。



【銭】
番組表割引で1300→1100円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
うさぎドロップ@ぴあ映画生活
マイ・バック・ページ@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
うさぎドロップ@LOVE Cinemas調布
マイ・バック・ページ@LOVE Cinemas調布
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/2657-a581a391
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)