FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『エレナー電気工業』をポレポレ東中野で観て、すすめづらい良作ふじき★★★

五つ星評価で【★★★良作。トップシーンを観れば何故、勧められないかが分かる】


トップシーンにSEX。
そのSEXは凄いSEXだ。
被写体の美醜を別にして、今まで観てきた映画の中の
どんなSEXより美しくない濡れ場。

持ってるなあ。
相変わらず寺内康太郎(監督)は飛び道具みたいな演出力を持っている。

んで、映画は終始一貫ダメ男の話。
ダメ男って可愛いな(ホモ的な視点ではなく)。
ダメ男を追ってるだけで、ちゃんと映画として成立するからテク上手いんだな。
この青春Hシリーズは、エロさえ入れておけば、あとは何の制約もないらしい。
まんま、昔のにっかつロマンポルノみたいだ。
先物買いの人はここを押さえておけば、20年後くらいに
「当時から注目してました」と若い坊主どもに自慢できるぞ。
まあ、それを阻むかのごとく、映画チラシがつまらなそうなんだけど。

さて、この映画を観に行く気になったのは、
監督夫人が映画に出演して、おっぱい出してるって話をツイッター上で聞いたからだ。
そらあ、行かねばなるまい。

大島渚の昔から、園子温の今まで、女優に手を付けた監督の手腕はなかなか優れている。
そう言えば、乳こそ出してないが、小説家の乙一の自主上映監督作品の主役は彼の奥さんである。

結論から言えば、奥さんの乳とパンツは良かった。
奥さん、かーいーよ。



【銭】
公開後、当日1300円の300円引き前売券をユーロスペースで購入1000円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
エレナー電気工業@ぴあ映画生活

PS ちなみに、ポレポレ東中野さんはレイトショー終映時刻と一緒に
 レイトショーイベント終了時刻を開映前に放送してくれてた。
 グッジョブっす。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/2669-a9ce5164
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)