FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『ミッション・インポッシブル ゴースト・プロトコル』をユナイテッドシネマ豊洲10で観て、割と冷静になかなかふじき★★★★

五つ星評価で【★★★★トム・クルーズを素材にコマ撮りしないと】


やはり、アニメーション出身の監督なら、
トム・クルーズを素材にコマ撮りして1本作らないと。
ヤン・シュワンクマイエルじゃないっつーの!
でも、コマ撮りしたら、空だって飛べるし、身体は硬くなるし、割と無敵だぞ。

にしても、息つく暇もないとはこの事だ。
次から次へと現われる危機また危機。
お手本にしたいようなうまいストーリー・テーリング。
ただ、展開が早すぎて追いつけなかったりしたとことかもあった。
単に年のせいか。まあ、追いつけなくても支障はなかったけど。

ドバイジャンプも凄いけど、
お気に入りは「だるまさんが転んだメカ」。
よく、あんな無駄な物を考えて現実化した。
あれは、このミッションと寝起きドッキリくらいにしか使えないと思うぞ。

あと、たまらんかったのが女殺し屋。

かっけー。
かっけー。
かっけー。

強調のため3回言ってみました。
予告の時から、あの金髪が映ると
「とても映画らしい何か」を感じたものです。
なんか、凄く映される価値のある美女に思えてなりません。

さて、全体的には面白いけど、実は熱狂という感じは持たなかった。
これは、トム・クルーズが「やらんと殺される」というスタンスだけど、
とってもスパイらしく、感情が暴発するような事がなかったからかなあ。

なので、ラストのあの感情落ちが逆に効いてくる。
うまく作ってあるなあ。



【銭】
ユナイテッドシネマ、たまった有料入場6回分のポイントで鑑賞。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル@LOVE Cinemas調布
ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル@我想一個人映画美的女人blog
ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル@新・映画鑑賞★日記
ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル@或る日の出来事
ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル@新・狂人ブログ
ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル@映画のブログ
ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評

PS やってはいけないこと
 「今回の成功を取り入れて、5作目もアニメ出身の監督を起用しました。
  庵野秀明監督です」
 「僕はイーサン・ハントの内面を書きたいと思います」

 スポーツ新聞一面『ミッション・インポッシブル』
 次回はノー・スタント、ノー・アクション
PS2 トム・クルーズの演技で一番好きなのが
 トロピック・サンダーの禿プロデューサー。
 次回作はあのメイクでやってくれんかなあ。
PS3 「不可能作戦 こうするとプロのトルコでしょ」
 えっ。
 ああ、見たい見たい。
PS4 多分、初めて入った豊洲の10。
 東京アイマックスシアターに最初に入った衝撃とかがあるからか、
 むちゃ、でっけえーなという印象は持たなかった。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/2678-80fd0f44
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)