FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『レディ・ドラゴン 怒りの鉄拳』をシネマロサBFで観て、おいこらふじき★

五つ星評価で【★これを商品として出されてもなあ】

つまらん。

何でつまらんのかと言うと、
登場人物全てが好感もてないか、
どうでもいい奴だからだ。

タイトルになってる女ドラゴンは実は主役ではないのだが、
現状に対する不満をいつも愚痴ってる、そりゃ事情は厳しいのだが、
なんか重くてうざい。見てて、とても好きになれないキャラ。
普通、悪い箇所があってもプラスでカバーするもんだが、
何がプラスだか今一つ判然としないが、ともかくカバーしきれてない。

実際は主役のダメ・ドラゴン。
この男がダメから蘇るまでがメインのドラマだが、
蘇るまで、と言うより蘇る思いがはっきり決まるまでが異常に長い。
その間、延々とダメな部分を見せつけられて、
そんなキャラ、好きになれるかあ!

その他大勢も各々とてもジャマ。

そして、カンフー。
頑張ってるんだろう。
でも、伝わってこない。
形はコピーしても間合いや撮り方がボロボロで強く見えない。
強すぎる音にアレンジされてるのも嘘っぽさを助長してしまっている。

そのカンフーが街中で繰り広げられるのだが、
背景に普通の人が映り込んでいる。
地元で撮って地元の人々をエキストラに使ったという。
いや、これは単に人止めしていないに過ぎない。
普通の人のダラダラ歩きの前でゆるいカンフー。
そこに隔絶感がなく並列されてしまう為、
カンフーがじゃれてるようにしか見えない。

舞台挨拶があって、キャストは和やかそうだった。
個人的にあまり和やかな現場は信用しない。
和やかである為に、何か捨ててしまっている物がある気がしてならない。

とても、きつい言葉を書かせてもらうなら、

君たちはカンフーごっこが出来て良かったかもしれないが、
それを見せられる人間の立場を全く忘れている。

もしかしたら、知り合いしか来ないような興行に
ただ一人間違えて紛れ込んでしまったのだろうか。
ええと、何だ、それは、俺の方が悪いのか。

え、そらないだろ。


【銭】
こんな映画に正規料金1800円出して入ってもた。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
レディ・ドラゴン/怒りの鉄拳@ぴあ映画生活
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/2828-d471980d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)