FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『ももへの手紙』をシネ・リーブル池袋2で観て、わけえ人が丁寧に拵えたんだから誉めてやるべえふじき★★★

  

五つ星評価で【★★★小品。可愛し】

大きな作品ではなく、ちょっとした夏休みの話を省略なしにちゃんと描く。
よく、できてると思う。

どっかで見たような話や展開が続くが、
新味をプラスして、映画のバランスを壊してもしょうがないから、
この辺は斬り捨てて、ありがちな話や展開に抑えたのだろう。

監督がやりたかったのは小学生と妖怪(異物)とのリアルな交流、
「もも」は田舎に来た事に静かに怒っていて、田舎との交流に極端に無関心だ。
このまま元の生活に戻れれば、戻りたいとうっすら思っている。
そして、極力、感情も含めて、自分が動かずに済むよう暮らしている。
そんな「もも」のクールぶりを異物は許してくれない。
「もも」と異物はぶつかって、ぶつかって、
その都度とてもぶざまな「もも」のリアクションを起こす。
このリアクション(ボディー・アクション)が目に見えてかっこ悪くていい。
写真に残してたら、明らかに「恥」になるような動き。
でも、人間の営みはそんな所から出来ているのだ。

私は基本的にアニメの登場人物をリアルに描こうとする演出は嫌いだ。

だが、このアニメでは妖怪(異物)をデフォルメして描き、
普通の人間をリアルな動きで描く事で、差異を明確にしつつ、
モモのへっぽこな動きも微かにデフォルメして強調している。
確かに、生の人間で、ずっとあのヘッポコを持続させるのはしんどいだろう。

リアルアニメは嫌いだが、「もも」は自分の中ではギリSAFEかな。

冒頭、空から降ってくるリアルな水滴とかは凄い。
ただ、リアルではなく、あれも感情が籠って見えるから凄いのだ。



【銭】
レイトショー割引で1200円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
ももへの手紙@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
ももへの手紙@LoveCINEMAS調布
ももへの手紙@SGA屋物語紹介所
ももへの手紙@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評

PS 「前略 ジョセフ・スミス様」
 ・・・モルモンへの手紙だったら見なかったろうなあ
PS2 口下手なお父さんが他にも呼びかけだけの
 「ママへの手紙」や「ミミ萩原へのファンレター」を
 出そうとしていたのは秘密です。
PS3 良作だが、興行的に苦戦しているらしい。
 地味だからなあ。
 よし、ライダー・戦隊を見習って、

 空の全お父さんと、全見守り組が徹底抗戦する映画に作り直そう。

 ・・・・いやいやいやいや
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/2941-b3697358
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)