FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『センチメンタル・ヤスコ』をユーロスペース1で観て、ちょっと拾った感ありありふじき★★★

五つ星評価で【★★★話は終わっても納得感が充分じゃなかったのが惜しい】

舞台っぽい。
なるほど、舞台の映画化らしい。

ありえないような設定ながら、それぞれ役者が上手いので、ぐいぐい引き込まれる。
本来は、謎を解く事が主眼の物語ではないのかもしれないが、
かと言って無視する訳にもいかない。
結局、ミステリーが仇になり、物理的に謎が解けた後も、
感情的にその犯行にリアルを感じられない点は
この映画の最大の弱点になってしまった。

大小の差はあれ、ヤスコに依存する事で、何かを得ようとする男たち。
ヤスコは求めるものが強いのに、いや、強すぎるので、
男たちとの関係で求める物を入手できない。

ハッピーエンド好きの単純嗜好の私としては、
盗癖のある寿司職人とヤスコの間に、
ハッピーエンドを思わせる何かを匂わせるなりして、
終わってもらいたかった。

岡本あずさは、銭形家の姉妹の一人かあ。
随分、映画では大人だったなあ。
良かったなあ。
ポスターは友近っぽくて良くないなあ。


【銭】
ユーロスペースの会員割引で1200円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
センチメンタルヤスコ@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
センチメンタルヤスコ@LOVE Cinemas調布
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/2944-3784b398
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)