FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『テルマエ・ロマエ』を109シネマズ木場8で観て、まずまずくすくすふじき★★★

  

五つ星評価で【★★★決して面白すぎないように目配せしてるようにすら見えるが、つまらない訳ではない】

大上段に悩む阿部寛の姿がまるで絵のようだ。
あのビルドアップした姿で悩む阿部ちゃんは妙におかしい。
例えば全盛期のシュワちゃんが無言でヤカンを振り回すCMに出てた時の面白さに通じる物がある。そう、筋肉って基本的におかしい物なのだ。だって、生物の基本戦略として、生きていく上に油を塗ったビルダーほどのビルドアップ筋肉は必要ない、むしろ邪魔な筈だから。

って事で阿部ちゃんはおかしいに決定。

この物語の三角形の頂点、二つ目、上戸彩は雰囲気役。
上戸彩はお得な場所にいる。
ドラマもそんな成功してないし、歌手としては失敗したし、
バラエティを席巻してる訳でもない。
タレントとしてそんなに自慢できるキャリアではないと思う。
なのに、何かお茶の間に確固とした「憧れられる女の子」の位置を確立している。
これはCMの成功のおかげだろうが、ここまでCMだけで、長期間いい位置にいるタレントも珍しいのではなかろうか。

という訳で、「演技」というより、「いつもの上戸彩」である。
誰も、上戸彩に上戸彩以上を求めてはいないから、これはこれでいい。
上戸彩がこのいかれたドラマを日常に引き下げている。
でも、ポロリは欲しかった。
トイレで温水浴びて「ひいっ」てシーンはルシウスの代わりにやってほしかった。

そして三角形の最後の頂点。
日本全国通津浦々、爺、爺、爺。
日本は爺と上戸彩しかいないんか、というくらいの爺率の高い映画だった。
あの爺さんはみんな「理想」。
みんなチャーミング。
そこに平和がある。

って事で、とってもキャラクターバランスのいい映画だった。
映画用に、山場(実際はそう盛り上がらない)を作ったのも、良心的だ。
あと、日本人、トイレと風呂ではどこにも負けない、というプライドをすぐってくれたのもよかった。

ただ、なんか、とってもとってもテレビドラマみたいだったのはどうしてだろう?
あんな、チネチッタスタジオの大セットを使ってしてもテレビドラマっぽいってのは
どうしたことなんだろう? 不思議だ。


【銭】
レイトショー割引で1200円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
テルマエ・ロマエ@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
テルマエ・ロマエ@LoveCINEMAS調布
テルマエ・ロマエ@映画のブログ
テルマエ・ロマエ@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評

PS 上戸彩は太知喜和子に似てると思う。
 ゆで卵にチョコチョコ顔が付いたみたいなツルンとした顔立ちは
 ほんと「平べったい」。
PS2 ルシウスがユニットバスを見て呟く「執念のようなものを感じる」に
 ひたすら同意。
 どんな大きさでも家に風呂を持たずにはいられない風呂好きの国民なのだなあ。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/2949-c26612b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)