FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『ナナとカオル 第2章』をユーロスペース2で観て、演出が良いなふじき★★★

  

五つ星評価で【★★★ナナよりもカオルがいいのだな】

優等生女子のナナ(青野未来)と
キモメン・カオル(栩原楽人)のライトSMライフ。

2作目になって1作目主演の女子が芸能界を引退してしまって、
テンション下がるかなと思ったけど、ちゃんと同一線上に
クオリティを維持できていたのは、演出の上手さと愛なのだと思う。

女の子は変わったけど、思った以上に違和感はない。
これは、前作もあくまで役柄を通して女の子を見ていて、
そのベースになる女の子の事をあまり知らず、
女の子自身の個性が出ていなかったという事かもしれない。
ちなみに前作の子の方がもうちょっとムッチリしてたと思う。

前作同様キモメンのカオルは、とてもいいバランスで演じている。
「分かる気持ち悪さ」。
気持ち悪いけど、理解できて、単に毛嫌いにならずに同情できる余地がある。
そして、バカの清々しさを出しつつも、
優しさや強さも隠し持っている。イイキャラだなあ。
けっこうデフォルメした強烈な演技だけど、それが浮いてないのは
「気持ちが伝わる」からなのだと思う。

女の子側は、とてもいい、素材に徹してくれたと思う。
だんだんダメに落ちていきながら、凛ともしてる。
これもこれで、いいキャラなのだ。



【銭】
ユーロスペース会員割引で1200円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
ナナとカオル 第2章@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
前作のレビューヘ@ふじき
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/3161-40e7280c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)