FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『わが母の記』『RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ』をギンレイホールで観て、老いるショックふじき★★,★★★

1982年11月になって、やっと夏季休暇を取る事が出来ました。
という訳で、書きそこなっていたレビューを掘り起こしていきます。
でもライトにいきます。
という訳で、最初はこの「年を取る事で泣かせちゃうぜ2本立て」。


『わが母の記』

五つ星評価で【★★樹木希林ちっちゃ】

樹木希林の小っちゃさに驚く。
縮んだのか、演技の一部なのか。
他が全員でかいのか、
理由は分からないが、ちっちゃいんである。

そしてヨーダに似てる。
徘徊するヨーダってまずいよな。
じゃ役所広司はアナキンか。
ま、巨体で黒い衣装で、威張りん坊だからあながち全部不正解でもない。

樹木希林と宮崎あおいが一緒の画面に収まって
会話しているさまを観てると
何かちょっと贅沢なお正月のお節みたいだ。
地味に光りながらしっかりしてる。


◆『RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ』

五つ星評価で【★★★いちいち脇がいいんだ】

友和がついに初老の役だ。
定年退職って事は60、実年齢はもうちょい若いんじゃないだろうか。
そんなイメージなかったからビックリだなあ。
友和は不器用で、潔くない。
ダメな高倉健みたい。

その奥さんが余貴美子。
町々にいる飲み屋の女将さんイメージが強いので、
普通の職業婦人(今回は介護ヘルパー)なんて、久々な気がする。
この人と小池栄子はどんな役に配置されても安牌だ。

友和の同僚が何気に豪華な布陣。
中尾明慶、鉄板の新入社員役者。
岩松了、いるだけでおかしい。でも、どんな職場でもいそうなおっちゃん。
中川家礼二、仕事は嫌いじゃなさそうだけど、何事も雑そうなダメ社員。


【銭】
ギンレイホール、会員証で入場。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
わが母の記@ぴあ映画生活
RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
わが母の記@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/3251-d2a8d08c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)