FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『東洋宮武が覗いた時代』を銀座シネパトス1で観て、これが一番分りやすいぞふじき★★★

五つ星評価で【★★★昔の男はかっけーね】
  
自社比90%くらいで起きてられた。

太平洋戦争当時、日系人のみが敵性外国人として収容所に拉致された
(ドイツ系、イタリア系は未収容)。
カメラマンの東洋宮武はレンズのみ持ち込み、
レンズに合うカメラを収容所で自作し、
収容所の記録を残した。

すげえ事を考えて、それを実現する人がいたんだなあ。
戦時収容所の写真も魅力的だが、
それ以外の舞台写真や、風景写真が、いい味わい。
上手いのである。

映画は東洋宮武を主軸に、
日本人部隊や懲役忌避など、
直接、東洋宮武と関係しない事まで、幅広く描く。
お得ではあるが、焦点はちょっと鈍い。


【銭】
旧作上映である為、1000円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
東洋宮武が覗いた時代@ぴあ映画生活
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/3270-a90e743d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)