FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『007 消されたライセンス』を日劇2で観て、油断してグーグーふじき★★★

五つ星評価で【★★★前半快調、後半記憶欠如】
  
劇場鑑賞以来の再見。
そういや昔も後半で睡魔に勝てずに寝た気がする。
ブレがないな、俺(ダメじゃん)。

ロバート・ダビとか、レイ・リオッタとか、ブラック・マヨネーズ吉田とか
肌の悪い芸人が出て来ると(いや、前の二人芸人じゃないから)
そいつがどんな種類の役者であっても悪玉としてとても安定感がある。
ロバート・ダビの悪役なんて、ボンドが地盤を揺らすまでは
管理職としてめっちゃ優秀だし、「理想の麻薬王」と言ってもいい。
父兄参観で「ボクのお父さんは世界一の麻薬王です」と息子に作文、読まれそうだ。
そして、腰巾着の若手でベニチオ・デル・トロが出てる。森蘭丸位置か?
父兄参観で「ボクのお父さんは世界一の麻薬王の腰巾着で男妾です」と
息子に作文、読まれてしまうのか。しかし、デル・トロも悪そうな顔してたな。

ボンド・ガールは綺麗どころを揃えたけど、今一つ感情移入が出来なかった。
そういう意味では初期のボディーだけはダイナマイトよ~んに
原点回帰したと言っていいかもしれない。
麻薬王の情婦と美人過ぎるエージェント、浮世離れも甚だしい。
この二人とQが自由に動けすぎるので後半切羽詰まった感が少ない気がする。

しかし、相手が麻薬王というのは、なんとなくオマージュではなく
『死ぬのは奴らだ』の黒人からプエルトリカン系(でいいのか?)
変更バージョンっぽい。ネタが尽きたら人種変えてまたやりそうだ。
『死ぬのは奴らもだ』だな。そう言えば、あれもボスの女を奪う映画だった。



【銭】
旧作上映で1000円均一料金。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
007/消されたライセンス@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
007/消されたライセンス@徒然なるままに・・・

PS 『消されたライセンス』というタイトルはなかなかいいと思います。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/3295-32ca5c23
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)