FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『ジョーカーゲーム』をHTC渋谷1で観てなかなか堪能ふじき★★★★

五つ星評価で【★★★★ゲーム映画が好き】
  
決められたルールに従ってゲームを行い、負けた者がひどい目に会う。
主人公がこの困難を打開する為にゲームに勝つか、ゲームの裏をかくか、
というプロットのゲーム映画が非常に好きだ。

大抵のゲーム映画は「そんな事ありえん」という嘘を無理やり通して進むから
元から虚構性が高いのだ。というか、一つ二つのアラがあっても、
そんなもの大前提の嘘に比べれば、というかね。

という事で感心したのは、基本的にトランプのババ抜きが、
補足的なルールを付ける事で参加者のストレスを高め、
心理戦ゲームに昇格していた事である。
(こんなゲームを使った制度で本当に狙い通りの改革が行えるのか、
 制度へ反対する者への懲罰の事前説明が行われない事、
 代行契約者の処分が代行者の能力、期日切れなどによって結果の落差が大きい
 など、ルール作りはちょっと粗い)

ただ、この新しいルールの教室内施行によって、
クラス内の勢力図が変わっていく様が弱肉強食逆転のようでとても面白い。
単純なイジメっ子は、一族を束ねるトップの座を策を巡らす者に追われ、
いじめられっ子は孤立ゆえに堂々と振る舞い、
仲よしグループは崩壊する。

愉快。愉快。

異色なのは主役の位置にいるべきAKB北原里英(よう知らん、ごめん)が、
最初から最後まで、主役としての能力を脚本的な展開では持ちながら、
その脚本上の性格と外見から「なんかちょっとうぜー」になっていた事である。

逆に一番目を引いたのはショートカットの高月彩良。
クール・ビューティー。
凄くボーイッシュなのに、
ブラウスから見えるブラ線のそれなりの重さに、
おっちゃんとても心をかき乱されました。ハアハア
基本、正しいのに土壇場で何が正しいか分からなくてパニクるのも好印象。

あとクラス女子を一手にまとめる主人公が苦手な委員長キャラの伊倉愛美。
容貌がちょっと関根真里に似てるのだが、全員を救うか道連れにするかの選択の中で、
その関根真里的な良い子の仮面を脱ぎ捨て、手を出せない大衆は黙っているように叫ぶ、この子の痛みも面白かった。
基本、痛みに引きずられてしまうような役は得な役だ。

主人公の親友役ゴーカイピンク小池唯は・・・普通だったな、残念ながら。

あと、女の子では主人公が結果的に落とし入れた事により(!)、
最初にゲームの被害者になる女の子が
そういう被害を真っ先に受けそうな「お人好し顔」で良かった。
パンフに名前、載ってないから役者は不明。


先生役もとってもリアルでいいっす。
あの人、どっかの高校にいて、演劇部の顧問とか本当にやってそうだ。
古舘寛治さん、どっかで見てる顔。

野郎は気弱っぽかったのが牙を剥く大久保祥太郎くんが良かったけど
ホモじゃないから興奮はしないぜ。


【銭】
テアトル会員料金で1300円。確か1000円プラスして会員更新した。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
ジョーカーゲーム@ぴあ映画生活
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/3323-bd2c4522
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)