FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『人妻セカンドバージン 私を襲ってください』『キャバレー日記』を新橋ロマンで観て、いやあえがったえがったふじき★★★★,★★★★★

新橋ロマンに城定監督の新作がかかったのでイソイソと出向く。


◆『人妻セカンドバージン 私を襲ってください』

五つ星評価で【★★★★よく出来てるけど、割と閉じた感じも受ける】

注目してる監督、城定秀夫監督の新作成人映画。
七海なな主演。
七海ななはAVのパッケージでJKのイメージしかなかったけど、
粛々と主婦を演じられるようなお年になったのですね。
この七海なながポンコツ主婦役で、喘息持ちで、メンタルも追い込まれてる。
そこに現れる逃げてきた傷害事件の加害者、
成り行き上、主婦は男を屋根裏に匿って、男とねんごろになる。
蜜月。
男は逃亡を続ける為に女が必要だったが、
ほどなく逃亡する理由がなくなってしまう。
女が男を必要とするのは徹頭徹尾、愛のためだ。
「相思相愛」とかでなく、女には「愛する」客体が必要なのだ。
出ていこうとする男、追いすがる女。

愛や狂気やSEXが見本市のように混ぜこぜです。

映画だなあ。
と、同時に成人映画としては良くも悪くも規格外だ。

七海ななの主婦はお手軽にセクシーじゃない。
ポイポイ脱いで、すぐセックスするようなピンク女じゃない。
ちゃんと人間を描いて、それから好きになってもらう、
とても当たり前の正しい脚本であり、演出だ。
でも一面、そういうのがめんどくさくも感じる。
最初からキラキラ輝いてる可愛いエロ女が良かったりもする。
贅沢・・・というより怠惰だな。
怠惰な客がいっぱいいる成人映画館で、そういう客にも応えてほしい。

映画の性質上、絶賛するお客と「そう、そんなに良かった?」ってお客に分かれそう。
と言っといて何だけど、私はその真ん中なんである。

男にちょっと『北のカナリアたち』の森山未来を感じてしまう。
ああ、城定監督で森山未来と(満島ひかり、宮崎あおい、小池栄子)の誰か、
もしくはみんなで4PSEXをするような映画が作れたらなあ。
それだったらそうじゃなくって森山未来と吉永小百合だろうって、それはどうかな?

PS マニア論議
 「押入、屋根裏、次は床下だな」
 「床下の小人たちのピンク版!」
 「違う違う」
 ・・・でも成人女子の小人をいいように弄ぶ病弱の子供って興奮すると思う。
PS2 凄く幸せなハッピーエンドではないけど、
 「ちゃんとやっていけます」って〆方はとてもいい優しい〆方だ。



◆『キャバレー日記』

五つ星評価で【★★★★★魅力だなあ】

根岸吉太郎監督、1982年のロマンポルノ。

やっぱりこれは大傑作だ。
3、4回目になるけど、最初はそう「来る」映画でもなかった。
それは多分、この映画寄りの自堕落な生活をしていた頃に初見したからだろう。

竹井みどりええなあ。良すぎるよなあ。

上田耕一の滑舌が良い店長がぬけぬけと普通じゃない事をさも普通である事のように言うんがええわあ。上田耕一が新興宗教の教祖だったらこんなに納得できる事はない。この人は町工場の社長だろうが何だろうが何でも納得できるものとして演じちゃうだろうけど。

伊藤克信もこの映画1本撮ってすぐ死んだなら、世界一の俳優だったかもしれない。
ちょっと前だったら、山本浩司を主演にしてAV譲、店の中にいっぱい入れてリメイクとか出来そうだけど、ロマンポルノをリメイクしても市場が分からんなあ。根岸本人がセルフリメイクしたら、成人映画枠でも宣伝次第で意外と大きな市場が開けたりするかもしれん。そんな企画、妄想するのは私ぐらいだから商売にならんな。


【銭】
新橋ロマン、ネット割引で100円引いて1200円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
キャバレー日記@ぴあ映画生活
▼関連記事。
人妻セカンドバージン 私を襲って下さい(4回目)@死屍累々映画日記・第二章
人妻セカンドバージン 私を襲って下さい(5回目)@死屍累々映画日記・第二章
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/3398-97e2d354
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)