FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『黒い下着の女』を新橋ロマンで観て、うっふーんロマンチック体験ふじき(先週)

◆『鄢い下着の女』

五つ星評価で【★★★★SEXしよるボニー&クライド】

斉藤信幸監督、倉吉朝子主演作品。

何やら関西弁をまくしたてる強気でイケイケな姉ちゃんが主役で、彼女が出てくるシーンの7割方以上SEXしてるって(体感)、そんなんで映画として成り立つのかというと、ちゃんと成り立つから不思議だ。

倉吉朝子かーいーねん。
もう、それで充分だと思う、映画なんてのは。

ちなみにそんなにずっと黒の下着ではない。



◆『羞恥心の強い喪服妻 性飢餓』

五つ星評価で【★★大した事なし】

池島ゆたか監督、水野さやか主演作品。

池島ゆたかの20年くらい前の古い映画で、これは何てことなし。

主人の死をきっかけに喪服デリヘルをやりだして繁盛みたいな話(おざなりやな)。



◆『淫婦義母 エマニエル夫人』

五つ星評価で【★ZZZ】

「エクセス久々の海外ロケ作品」とのコピーがポスターに踊る。
海外で外人の濡れ場を撮って、日本で日本人がアフレコしてるらしい。

外人さんの柔らかくも透明な乳が揉みしだかれるのを観てると、
これはこれで何だか実にいい物を見せてもらった感はあるが、
イメージ映像の間に話が滑り込むような薄さに後半ガーガー本気眠りした。



【銭】
新橋ロマン、ネット割引で100円引いて1200円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
黒い下着の女@ぴあ映画生活
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/3466-024045fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)